· 

カミーノ代表、木材安全保障、COP・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/12/7)

「ジャイアントパンダ」中国名:大熊猫  パンダといえば中国だが、中国全土ではなく四川省などの一部の地域に生息している。  可愛らしい見た目と行動で大人気のパンダ。  今現在、日本では以下の3つの施設で会うことができる。  上野動物園(東京都台東区) アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町) 王子動物園(兵庫県神戸市)  尾は黒ではなく白。 「第六の指」と呼ばれる突起を持ち、竹などをつかんで食べることができる。 単独行動を好み、縄張り意識が強い。冬眠はしない。
「ジャイアントパンダ」中国名:大熊猫 パンダといえば中国だが、中国全土ではなく四川省などの一部の地域に生息している。 可愛らしい見た目と行動で大人気のパンダ。 今現在、日本では以下の3つの施設で会うことができる。 上野動物園(東京都台東区) アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町) 王子動物園(兵庫県神戸市) 尾は黒ではなく白。 「第六の指」と呼ばれる突起を持ち、竹などをつかんで食べることができる。 単独行動を好み、縄張り意識が強い。冬眠はしない。

2021年の住宅業界は、「ウッドショック」と呼ばれる世界的な木材の供給不足と価格高騰に見舞われ、国産材に改めて注目が集まった。一方、需要が増えても供給面でそれに対応できない日本の林業の脆弱性もまた浮き彫りになった。

2022年以降、「木」をめぐる動きはどうなっていくのか。国内ハウスメーカー大手で、林業再生事業に取り組む住友林業の光吉敏郎社長に聞いた。

 

 

今SFの世界では、良質な作品が続々と生み出されている注目のジャンルがある。気候変動をテーマにしたCli-Fiだ。『SF思考 ビジネスと自分の未来を考えるスキル』の編著者・宮本道人氏は、現在進行形で拡大・増殖を続けているこのジャンルにこそ、未来のビジネスを変えるポテンシャルがあるという。ビジネスに影響を与えたSF作家とその作品を紹介する本シリーズ。第6回では、Cli-Fiの第一人者であるノルウェーの女性作家、マヤ・ルンデを紹介しつつ、このジャンルそのものが持つ可能性の大きさを語る。

 

 

   

 

日のニュースは以下です。

【サステイナブル企業のリアル】「紙を使った自然由来の素材はプラスチックごみ問題を解決するひとつの答えです」カミーノ代表・深澤幸一郎さん

「ウッドショック」が問い直す日本の木材安全保障

気候変動を止める最後のチャンス!「COP」が行う環境配慮への取り組み【前編】

気候変動を止める最後のチャンス!「COP」が行う環境配慮への取り組み【後編】

気候変動フィクションに、ビジネスの未来が宿っている――マヤ・ルンデ

www.eco-online.org Blog Feed

クリーンアップ作戦、まさかの撤退、ど冷えもん・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/25) (金, 25 11月 2022)
>> 続きを読む

J-ECO、これだけの理由、原発10基分・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/24) (Thu, 24 Nov 2022)
>> 続きを読む

たった4%、越えてはならない一線、規格外品バナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/22) (Tue, 22 Nov 2022)
>> 続きを読む

生八ツ橋の切れ端、偽証取引、タートルネックで節電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/21) (Mon, 21 Nov 2022)
>> 続きを読む

バイオ原油、みんなリビング、ブラジルが戻ってきた・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/18) (Fri, 18 Nov 2022)
>> 続きを読む

「見せかけ」脱炭素宣言、Gravity Flow、オイシックス・ラ・大地・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/17) (Thu, 17 Nov 2022)
>> 続きを読む

虫の幼虫を人間のお腹で、もうモノマネとは言わせない、食べられるコンクリート・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/16) (Wed, 16 Nov 2022)
>> 続きを読む

SDGs未来都市、ふかひれや牛タン、さざ波発電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/15) (Tue, 15 Nov 2022)
>> 続きを読む

本末転倒、置き換え可能、1・5度の約束・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/14) (Mon, 14 Nov 2022)
>> 続きを読む

廃棄うどん、3回連続の不名誉、もったいないバナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/11) (Fri, 11 Nov 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る