· 

カーボンニュートラル債、ARPA-C、原子力は絶対悪か・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/2/18)

「サビイロネコ」インド南部とスリランカに棲息する極小の猫。  体長約35-48cm。体重が1.5kgとたいへん軽く、成獣のメスで1kg以下であることも。  南部アフリカに生息するクロアシネコと並び世界最小の野生ネコとして知られている。視力は人間の6倍もあり、その名の通り体にはサビ色の斑点がある。  絶滅危機に瀕していることから保護や繁殖プログラムが行われており、現在世界中の保護区で飼育下に置かれているサビイロネコはわずか50匹ほどだという。
「サビイロネコ」インド南部とスリランカに棲息する極小の猫。 体長約35-48cm。体重が1.5kgとたいへん軽く、成獣のメスで1kg以下であることも。 南部アフリカに生息するクロアシネコと並び世界最小の野生ネコとして知られている。視力は人間の6倍もあり、その名の通り体にはサビ色の斑点がある。 絶滅危機に瀕していることから保護や繁殖プログラムが行われており、現在世界中の保護区で飼育下に置かれているサビイロネコはわずか50匹ほどだという。

米国で最もエネルギーが豊富なテキサス州で、数百万人の住民が何日間も電気と暖房のない状況を強いられたのはなぜだろうか。しかも、冬の厳しい寒さの中でだ。同州のグレッグ・アボット知事は「電力不足をもたらしたのは、複数の民間電力会社だ」と語った。なるほど、民間電力会社のせいなのか。しかしそうした企業は政府の規制下にある。

 

県は16日、由布市湯布院町塚原の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画に対する県民意見募集の結果をホームページで公表した。意見を寄せた2061人のうち賛成は2人、反対は2059人だった。

意見の総数は2190件。このうち景観問題や自然保護に関する声が1495件に上った。次いで、風水害や土砂災害の懸念が98件。暮らしや観光業などへの影響が53件。

主な意見に対する県の見解も掲載した。「豊かな自然や素晴らしい景観は先祖代々守られてきたかけがえのないものだ」との指摘には、「塚原の自然景観は県民の貴重な財産と考えているが、森林法の基準を超える規制は困難」と答えた。

 

   

 

日のニュースは以下です。

中国、初の「カーボンニュートラル債」の発行を完了

【社説】米テキサス州の停電は政治の産物

バイデン政権が気候分野のイノベーションに本腰、「ARPA-C」創設へ

村上陽一郎 原子力は「絶対悪」か「優等生」か

塚原メガソーラー計画の県民意見 賛成2人、反対は2059人

www.eco-online.org Blog Feed

低炭素水素ホテル、バイオマスベース、エンジン屋・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/17) (月, 17 5月 2021)
>> 続きを読む

再エネ発電容量、道産木材人気、ネットゼロ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/14) (Fri, 14 May 2021)
>> 続きを読む

省エネ空調、住宅用木材、2030年目標・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/13) (Thu, 13 May 2021)
>> 続きを読む

大型海藻、ウッドショック、再生型観光・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/12) (Wed, 12 May 2021)
>> 続きを読む

パラ聖火 燃料、アリババ 脱炭素、牛肉への愛・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/11) (Tue, 11 May 2021)
>> 続きを読む

2兆円基金、清浄な水、マトリョーシカ工法・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/10) (Mon, 10 May 2021)
>> 続きを読む

世界8位、里山保全、ゴミゼロハウス・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/7) (Fri, 07 May 2021)
>> 続きを読む

脱石炭、殺虫剤やめてもいい、禁断のプランB・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/6) (Thu, 06 May 2021)
>> 続きを読む

探るバイデン、ロシアの本気度、分散型発電所・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/4/28) (Wed, 28 Apr 2021)
>> 続きを読む

安さ勝負、柏崎刈羽非稼働、劇的な気候変動・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/4/27) (Tue, 27 Apr 2021)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る