· 

再生型農業、コーヒー安定供給、小泉環境相 瀬戸内海・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/3/16)

「ホワイトタイガー」ホワイトタイガーは独立した種ではなく、ベンガルトラの白変種。  インドでは古くから神聖な生き物として崇められてきた。  野生のホワイトタイガーは、1951年にインドで捕獲されたのを最後に未だ確認されていない。  動物園や保護施設にいるホワイトタイガーは全世界で約250頭、日本にはこのうちの30頭ほどしかいない希少種である。  野生のトラは、現在約4000頭前後と推定されており、ベンガルトラを含むトラの亜種9種すべてが絶滅危惧種や近絶滅危惧種に指定されている。
「ホワイトタイガー」ホワイトタイガーは独立した種ではなく、ベンガルトラの白変種。 インドでは古くから神聖な生き物として崇められてきた。 野生のホワイトタイガーは、1951年にインドで捕獲されたのを最後に未だ確認されていない。 動物園や保護施設にいるホワイトタイガーは全世界で約250頭、日本にはこのうちの30頭ほどしかいない希少種である。 野生のトラは、現在約4000頭前後と推定されており、ベンガルトラを含むトラの亜種9種すべてが絶滅危惧種や近絶滅危惧種に指定されている。

地球温暖化の主な原因とされる温室効果ガス。その総排出量の24%は農林業によるものだという。人類が気候変動に対処しつつ食糧不足に陥らないためには、いまやあらゆる手段を講じる必要に迫られているのだ。いまだ漠然とした不安が拭えない「遺伝子組み換え作物(GMO)」から環境再生型農業まで、地球にもよい農業の“種(ヒント)”を追いかけた。

 

地球温暖化で気候変動が続くと2050年にはアラビカ種の栽培適地が現在の50%にまで減少する――。

この警鐘が最初に鳴らされたのはミラノ万博が開催された2015年。

15年以降、奇しくも世界のコーヒー生産量は順調に推移していったが、ブラジルに次ぐ世界2位の生産大国ベトナムが昨年、干ばつで収量を大きく落とし警鐘に現実味を帯び始めてきた。

 

   

 

日のニュースは以下です。

再生型農業は気候変動と戦う頼もしい仲間

農業の『未来創世記』:気候変動アクティヴィストのための、遺伝子とオーガニック再考

気候変動でコーヒー安定供給に危険信号 最新対策など“産地のいま”を熱弁 キーコーヒー川股一雄副社長

小泉環境相、瀬戸内海をプラごみ対策のモデルに

若者の意識調査、「脱炭素」60%評価も「実現不可能」が35%

www.eco-online.org Blog Feed

名画になった海、「ZZZ」始動、漁への影響・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/17) (火, 17 5月 2022)
>> 続きを読む

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (Fri, 13 May 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

sankara hotel、50度を超える地域も、ポツンと1基・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/9) (Mon, 09 May 2022)
>> 続きを読む

ロシアショック、大人じゃできない価格、食べないコメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Fri, 06 May 2022)
>> 続きを読む

小泉進次郎氏の置き土産、追いつかない、猛烈な熱波・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Mon, 02 May 2022)
>> 続きを読む

KURADASHI、尾鷲ヒノキ、森林トリップ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/28) (Thu, 28 Apr 2022)
>> 続きを読む

契約お断り、クジラは増えた、和製ギター・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/27) (Wed, 27 Apr 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る