· 

沖縄電力、ケリー特使、コーヒー安定供給 危険信号・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/4/6)

「コウテイペンギン」主に南極大陸に生息している、世界一大きなペンギン。  生息数は比較的安定しているが、温暖化の影響により、生息地である棚氷の減少が懸念されている。  メスはエサを求めて海に向かい、オスは約2か月間、絶食状態のままマイナス60℃にも及ぶ極寒の中、冬眠に近い状態で体を寄せ合いひたすら卵を温め続ける。
「コウテイペンギン」主に南極大陸に生息している、世界一大きなペンギン。 生息数は比較的安定しているが、温暖化の影響により、生息地である棚氷の減少が懸念されている。 メスはエサを求めて海に向かい、オスは約2か月間、絶食状態のままマイナス60℃にも及ぶ極寒の中、冬眠に近い状態で体を寄せ合いひたすら卵を温め続ける。

日米両政府は、4月16日(米国時間)に予定している菅義偉首相とバイデン大統領の首脳会談に合わせ、気候変動に関するパートナーシップ協定を締結する方向で調整に入った。また、「気候変動」「新型コロナウイルス感染症対策」「新興技術」の3分野で合同の作業部会を設置し、具体的な協力分野を探っていくことでも合意する見通しだ。

 

地球温暖化で気候変動が続くと、2050年にはアラビカ種コーヒーの栽培適地が現在の50%にまで減少する――。この警鐘が最初に鳴らされたのはミラノ万博が開催された2015年。15年以降、奇しくも世界のコーヒー生産量は順調に推移していったが、ブラジルに次ぐ世界2位の生産大国ベトナムが昨年、干ばつで収量を大きく落とし警鐘に現実味を帯び始めてきた。

 

   

 

日のニュースは以下です。

沖縄電力、2050年にCO2排出ネットゼロへ--30年後のために今やるべきこと

商船三井、脱炭素に2000億円

米、気候変動対策での中国との協力に期待=ケリー特使

気候変動巡るパートナーシップ締結へ 日米、首脳会談で

気候変動でコーヒー安定供給に危険信号 最新対策など「産地のいま」を熱弁 キーコーヒー川股一雄副社長

www.eco-online.org Blog Feed

再エネ発電容量、道産木材人気、ネットゼロ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/14) (金, 14 5月 2021)
>> 続きを読む

省エネ空調、住宅用木材、2030年目標・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/13) (Thu, 13 May 2021)
>> 続きを読む

大型海藻、ウッドショック、再生型観光・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/12) (Wed, 12 May 2021)
>> 続きを読む

パラ聖火 燃料、アリババ 脱炭素、牛肉への愛・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/11) (Tue, 11 May 2021)
>> 続きを読む

2兆円基金、清浄な水、マトリョーシカ工法・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/10) (Mon, 10 May 2021)
>> 続きを読む

世界8位、里山保全、ゴミゼロハウス・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/7) (Fri, 07 May 2021)
>> 続きを読む

脱石炭、殺虫剤やめてもいい、禁断のプランB・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/6) (Thu, 06 May 2021)
>> 続きを読む

探るバイデン、ロシアの本気度、分散型発電所・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/4/28) (Wed, 28 Apr 2021)
>> 続きを読む

安さ勝負、柏崎刈羽非稼働、劇的な気候変動・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/4/27) (Tue, 27 Apr 2021)
>> 続きを読む

ライスレジン、倍加した脱炭素、海底直流送電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/4/26) (Mon, 26 Apr 2021)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る