· 

生ごみからバイオガス、生物多様性、パームヤシ殻・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/31)

「ホッキョクオオカミ」那須どうぶつ王国では、2020年にホッキョクオオカミを公開し、国内で唯一の飼育・展示をしている。  ホッキョクオオカミは主にグリーンランドやその近郊の島、ユーラシア大陸の北極圏に生息しており、  その生態については、生息地の天候が厳しく、研究が困難であるため、未だ解明されていないことが多い。
「ホッキョクオオカミ」那須どうぶつ王国では、2020年にホッキョクオオカミを公開し、国内で唯一の飼育・展示をしている。 ホッキョクオオカミは主にグリーンランドやその近郊の島、ユーラシア大陸の北極圏に生息しており、 その生態については、生息地の天候が厳しく、研究が困難であるため、未だ解明されていないことが多い。

「新しいフェーズに入った。」

政府関係者は日本のエネルギー問題について、このように話す。2050年の脱炭素社会実現に向け、政府は中間点の2030年度に、温室効果ガスの排出量を2013年度と比べて46%削減する目標を打ち出した。

この“実現できるかどうか”といわれる高い目標を達成するための、エネルギー政策の基本方針が「エネルギー基本計画」だ。この計画は3年ごとに見直しをするが、今年の見直しにあたっては、日本のエネルギー問題の大きな壁が立ちはだかっている。

 

リュウクス(沖縄県うるま市、謝花一成社長)は、木質バイオマス発電の燃料に使用したPKS(パームヤシ殻)の燃焼灰を原料とする土質改良材を開発した。粘土状の土に混ぜることで水分を吸収し運搬などを容易にする。カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)につながるPKSの再利用により、増加が見込まれる同発電の廃棄物を減容し、環境性向上につなげる。

 

   

 

日のニュースは以下です。

飲食店の生ごみからバイオガス発電~バイオガスの都市ガス供給も

脱炭素に向けた高い壁  原発の行方は?

気候変動の次は「生物多様性」で規制が始まる?世界がいま危機感を持つ理由

どれだけ温暖化を抑えられるのか ロシアの気象学者が解説

沖縄で木質バイオマス発電を本格化へ、パームヤシ殻の燃焼灰で土質改良材を開発

www.eco-online.org Blog Feed

みかんのまち、コオロギを宇宙食に、緑豊かな大地・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/6) (火, 06 12月 2022)
>> 続きを読む

神経疾患が悪化する、洪水の恐れ80倍に、冬はなくならない・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/5) (Mon, 05 Dec 2022)
>> 続きを読む

ツリーに空き瓶、史上最大の気候変動法、グローバル・サウス・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/2) (Fri, 02 Dec 2022)
>> 続きを読む

暖房器具は窓際に?、トキ放鳥に向け、2つの味をまぜると・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/12/1) (Thu, 01 Dec 2022)
>> 続きを読む

グレタさんら若者600人、気候変動の影響、CO2回収に10年かかる・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/29) (Tue, 29 Nov 2022)
>> 続きを読む

クリーンアップ作戦、まさかの撤退、ど冷えもん・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/25) (Fri, 25 Nov 2022)
>> 続きを読む

J-ECO、これだけの理由、原発10基分・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/24) (Thu, 24 Nov 2022)
>> 続きを読む

たった4%、越えてはならない一線、規格外品バナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/22) (Tue, 22 Nov 2022)
>> 続きを読む

生八ツ橋の切れ端、偽証取引、タートルネックで節電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/21) (Mon, 21 Nov 2022)
>> 続きを読む

バイオ原油、みんなリビング、ブラジルが戻ってきた・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/18) (Fri, 18 Nov 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る