· 

脱炭素の波、牛のげっぷ、伝統的なラクダ飼い・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/6/7)

「ホッキョクオオカミ」那須どうぶつ王国では、2020年にホッキョクオオカミを公開し、国内で唯一の飼育・展示をしている。  ホッキョクオオカミは主にグリーンランドやその近郊の島、ユーラシア大陸の北極圏に生息しており、  その生態については、生息地の天候が厳しく、研究が困難であるため、未だ解明されていないことが多い。
「ホッキョクオオカミ」那須どうぶつ王国では、2020年にホッキョクオオカミを公開し、国内で唯一の飼育・展示をしている。 ホッキョクオオカミは主にグリーンランドやその近郊の島、ユーラシア大陸の北極圏に生息しており、 その生態については、生息地の天候が厳しく、研究が困難であるため、未だ解明されていないことが多い。

牛のげっぷが地球温暖化の要因になっていることをご存じだろうか。温室効果ガスのメタンを多く含み、温室効果は二酸化炭素(CO2)の約25倍にも上るという。脱炭素に向けて「2050年までにげっぷ内のメタン8割減」という難題に挑んでいるのが、この道40年以上の第一人者、北海道大大学院の小林泰男教授(動物機能栄養学)が率いるプロジェクトチームだ。あの手この手でげっぷと格闘する小林教授らを取材した。

 

東アフリカの国ソマリア北部にある自治区ソマリランド。首都機能のある都市ハルゲイサから320キロほど離れた海岸沿いのヒジーンレ村は、人口200人ほどの小さな集落だ。村人は、集めた枝を組んで布をかぶせた小屋に住み、古来より受け継がれたラクダ飼いの伝統を守って、半遊牧の牧畜生活を営んでいる。

 

   

 

日のニュースは以下です。

石油メジャーも直撃する脱炭素の波 投資家が迫る変化

脱炭素へ牛のげっぷ「8割減」 第一人者が明かす秘策とは

米米CLUBが田んぼアート制作「カッコイイ農家。波紋のように広がって」

ソマリの伝統的なラクダ飼いが、気候変動で存続の危機に

美しいスイスアルプスでも、生物多様性は危ない?

www.eco-online.org Blog Feed

ゆ・ら・ら、実写版ダンボ、林業500年・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/17) (金, 17 9月 2021)
>> 続きを読む

動くガンダム、食用に適さない、牛のトイレトレーニング・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/16) (Thu, 16 Sep 2021)
>> 続きを読む

政権の命取り、ナキウサギ、僕の後悔・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/15) (Wed, 15 Sep 2021)
>> 続きを読む

2億1600万人、国家予算級、小泉進次郎さん・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/14) (Tue, 14 Sep 2021)
>> 続きを読む

変わり種発電、わずかな光、食べ残し禁止法・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/13) (Mon, 13 Sep 2021)
>> 続きを読む

紙おむつ燃料化、二国間クレジット制度、過去17回・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/10) (Fri, 10 Sep 2021)
>> 続きを読む

外国企業、昆虫で飢えをしのぎ、上昇鈍る・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/9) (Thu, 09 Sep 2021)
>> 続きを読む

ワイン醸造所、ケリー米特使、2倍速で育つ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/8) (Wed, 08 Sep 2021)
>> 続きを読む

都市インフラ、中道左派SPD、エコブドウ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/7) (Tue, 07 Sep 2021)
>> 続きを読む

サーフボードの危機、まるでSF映画、昨日家が流された・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/6) (Mon, 06 Sep 2021)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る