· 

6割に太陽光発電、デイ・アフター・トゥモロー、国産材供給・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/8/25)

「ジャイアントパンダ」中国名:大熊猫  パンダといえば中国だが、中国全土ではなく四川省などの一部の地域に生息している。  可愛らしい見た目と行動で大人気のパンダ。  今現在、日本では以下の3つの施設で会うことができる。  上野動物園(東京都台東区) アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町) 王子動物園(兵庫県神戸市)  尾は黒ではなく白。 「第六の指」と呼ばれる突起を持ち、竹などをつかんで食べることができる。 単独行動を好み、縄張り意識が強い。冬眠はしない。
「ジャイアントパンダ」中国名:大熊猫 パンダといえば中国だが、中国全土ではなく四川省などの一部の地域に生息している。 可愛らしい見た目と行動で大人気のパンダ。 今現在、日本では以下の3つの施設で会うことができる。 上野動物園(東京都台東区) アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町) 王子動物園(兵庫県神戸市) 尾は黒ではなく白。 「第六の指」と呼ばれる突起を持ち、竹などをつかんで食べることができる。 単独行動を好み、縄張り意識が強い。冬眠はしない。

カーボンニュートラル(脱炭素)社会の実現へ、地球温暖化の原因となる石油や石炭などの資源に由来しない再生可能エネルギーの活用に注目が集まっている。そして、その中で強く期待されているのが太陽光発電である。住宅の分野でも同様で、国の有識者検討会は8月10日、「2030年に建築される新築戸建住宅の6割に太陽光発電を導入する」との目標を示した。

 

2004年の映画『デイ・アフター・トゥモロー(The Day After Tomorrow)』では、デニス・クエイド(Dennis Quaid)演じる気象学者が世界の首脳に対して、急激な気候変動が起きる危険性を警告する。

劇中でこの変動を引き起こす主要な要素とされていたのが、大西洋南北熱塩循環(Atlantic Meridional Overturning Circulation:AMOC)と呼ばれる海流の循環システムだ。これは、赤道付近の温まった海水をヨーロッパや北大西洋に運ぶ役割を担っている。ヨーロッパ西部の穏やかで温暖な気候は、この海流による暖かい海水の流入によってもたらされている。

 

 

   

 

日のニュースは以下です。

「2030年に建築される新築戸建て住宅の6割に太陽光発電導入」の目標が意味すること

大西洋の循環に停滞の兆し…映画『デイ・アフター・トゥモロー』は現実になるのか

米ハリス氏が東南アジア歴訪 アフガン情勢に質問が集中

“1着”を起点に、多様化する環境や価値観に適応し変化し続けるウエアを提案 新プロジェクト「DESCENTE CONNECT」8月23日(月)より始動

住宅メーカー 国産材供給の安定へ 森林経営支援や供給仕組みづくりで ウッドショック一服も取り組み継続

www.eco-online.org Blog Feed

大人なバナナ、生地の切り落とし、偽バナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/28) (金, 28 1月 2022)
>> 続きを読む

売れ残り品、水道民営化、魚よりゴミの方が・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/27) (Thu, 27 Jan 2022)
>> 続きを読む

こんな寒さでバナナかよ、脱炭素バブル、地元メシ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/26) (Wed, 26 Jan 2022)
>> 続きを読む

としのや、収れん火災、温暖化ナノになぜ寒い・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/25) (Tue, 25 Jan 2022)
>> 続きを読む

スカイツリー222基分、風車の壁、口ばかり・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/24) (Mon, 24 Jan 2022)
>> 続きを読む

謎解きが毎月、廃棄ピザ生地、都合よくSDGs・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/21) (Fri, 21 Jan 2022)
>> 続きを読む

ミカン風味、トンガとつながり深い、日本企業が最多・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/20) (Thu, 20 Jan 2022)
>> 続きを読む

窓から脱炭素、ネットゼロ、国連事務総長・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/19) (Wed, 19 Jan 2022)
>> 続きを読む

プラスチックを食べる、ケイアイスター、お魚サブスク・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/18) (Tue, 18 Jan 2022)
>> 続きを読む

トンガ噴火、イビザ島、北極圏の森林火災・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/17) (Mon, 17 Jan 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る