· 

紙おむつ燃料化、二国間クレジット制度、過去17回・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/10)

「ジャイアントパンダ」中国名:大熊猫  パンダといえば中国だが、中国全土ではなく四川省などの一部の地域に生息している。  可愛らしい見た目と行動で大人気のパンダ。  今現在、日本では以下の3つの施設で会うことができる。  上野動物園(東京都台東区) アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町) 王子動物園(兵庫県神戸市)  尾は黒ではなく白。 「第六の指」と呼ばれる突起を持ち、竹などをつかんで食べることができる。 単独行動を好み、縄張り意識が強い。冬眠はしない。
「ジャイアントパンダ」中国名:大熊猫 パンダといえば中国だが、中国全土ではなく四川省などの一部の地域に生息している。 可愛らしい見た目と行動で大人気のパンダ。 今現在、日本では以下の3つの施設で会うことができる。 上野動物園(東京都台東区) アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町) 王子動物園(兵庫県神戸市) 尾は黒ではなく白。 「第六の指」と呼ばれる突起を持ち、竹などをつかんで食べることができる。 単独行動を好み、縄張り意識が強い。冬眠はしない。

各地の街や海でごみ拾い活動を行う認定NPO法人グリーンバード (東京都渋谷区/理事長:福田圭祐)は、お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン(R)」の開発や製造を手掛ける、株式会社バイオマスレジンホールディングス(東京都千代田区/代表取締役CEO:神谷雄仁)と協働し、ごみ拾いの際に使用するごみ袋を、プラスチック製からライスレジン製へ9月の活動より順次切り替えを行う。

 

地球温暖化対策のひとつとして始まった「二国間クレジット制度(JCM)」は、途上国を中心としたパートナー国へすぐれた環境技術を広げることで、地球全体のCO2削減目標に貢献し、さらに日本のCO2削減目標にも役立てることのできる制度です。サイト内リンクを開く「『二国間クレジット制度』は日本にも途上国にも地球にもうれしい温暖化対策」でご紹介したこの制度、「脱炭素」への動きが加速している近年、さらに活用が期待されるようになってきました。JCMの現状や、これからの可能性を解説します。

 

 

 

   

 

日のニュースは以下です。

太陽熱で木質チップを乾燥 北海道の使用済み紙おむつ燃料化施設で採用

ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

温暖化への関心の高まりで、ますます期待が高まる「二国間クレジット制度」

土砂流失のメガソーラー事業者に過去17回の行政指導【熊本】

「コロナ収束を待たず、気候変動への対応を」…251の医学雑誌が共同で警告

www.eco-online.org Blog Feed

大人なバナナ、生地の切り落とし、偽バナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/28) (金, 28 1月 2022)
>> 続きを読む

売れ残り品、水道民営化、魚よりゴミの方が・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/27) (Thu, 27 Jan 2022)
>> 続きを読む

こんな寒さでバナナかよ、脱炭素バブル、地元メシ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/26) (Wed, 26 Jan 2022)
>> 続きを読む

としのや、収れん火災、温暖化ナノになぜ寒い・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/25) (Tue, 25 Jan 2022)
>> 続きを読む

スカイツリー222基分、風車の壁、口ばかり・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/24) (Mon, 24 Jan 2022)
>> 続きを読む

謎解きが毎月、廃棄ピザ生地、都合よくSDGs・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/21) (Fri, 21 Jan 2022)
>> 続きを読む

ミカン風味、トンガとつながり深い、日本企業が最多・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/20) (Thu, 20 Jan 2022)
>> 続きを読む

窓から脱炭素、ネットゼロ、国連事務総長・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/19) (Wed, 19 Jan 2022)
>> 続きを読む

プラスチックを食べる、ケイアイスター、お魚サブスク・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/18) (Tue, 18 Jan 2022)
>> 続きを読む

トンガ噴火、イビザ島、北極圏の森林火災・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/17) (Mon, 17 Jan 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る