· 

サーキュラーエコノミー、水上農場、世界一あったかい缶詰・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/2/2)

トナカイ / Reindeer (Caribou) サンタクロースだけでなく、人々が乗るソリをを引いてくれる動物としても有名なトナカイですが、実は絶滅の危機に瀕しています。  トナカイは、人類が最初に飼うようになった動物のひとつでもあり、シカの仲間の中ではトナカイだけが、オスメスどちらも角をもっています。  トナカイは群れで行動することが多く、集団で移動するときは5万〜10万頭もの大群になることも。
トナカイ / Reindeer (Caribou) サンタクロースだけでなく、人々が乗るソリをを引いてくれる動物としても有名なトナカイですが、実は絶滅の危機に瀕しています。 トナカイは、人類が最初に飼うようになった動物のひとつでもあり、シカの仲間の中ではトナカイだけが、オスメスどちらも角をもっています。 トナカイは群れで行動することが多く、集団で移動するときは5万〜10万頭もの大群になることも。

「若い発想から生まれる新会社は、三菱地所にどんな化学反応を起こすのか?」。三菱地所グループは12年前、新事業提案制度をスタートさせた。中堅社員4人の発想から生まれたのが「木材をベースとした建材の活用」だった。住宅業務企画部長として提案の審査に携わり、さらに事業化にも関わることに。一昨年には社長に就任し、新構想の実現に多忙な日々を送る。

 

オランダといえば風車で知られるが、実はあの風車はただの観光名物ではない。人口1700万人、九州とほぼ同じ面積のオランダは、全土の26%が海抜ゼロメートル以下。そこで、中世以降、海岸を堤防でふさぎ、内水面を干拓地に変えて土地を増やしてきた。その時、干拓地の水を海へかき出す揚水機の動力源として利用され、改良を重ねたのが風車だった。

 

   

 

日のニュースは以下です。

「サーキュラーエコノミー」で、消費や社会はどう変わる?

原木の調達から施工まで〝一木通貫〟 CO2排出削減や林業の活性化に貢献 三菱地所グループ MEC Industry・森下喜隆社長

海岸再形成や「水上農場」も 気候変動で「闘い」から「共生」へ オランダの革新的「水」対策【解説委員室から】

「世界一あったかい缶詰」廃棄される食材で作った"コノヒトカン” フードロス削減と子ども支援に【岡山発】

神山でまき割り35人体験 「きれいに割れた瞬間は壮快感」

www.eco-online.org Blog Feed

「ゼロ」インキ、斗々屋、国産木材切り替えに補助・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/18) (水, 18 5月 2022)
>> 続きを読む

名画になった海、「ZZZ」始動、漁への影響・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/17) (Tue, 17 May 2022)
>> 続きを読む

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (Fri, 13 May 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

sankara hotel、50度を超える地域も、ポツンと1基・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/9) (Mon, 09 May 2022)
>> 続きを読む

ロシアショック、大人じゃできない価格、食べないコメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Fri, 06 May 2022)
>> 続きを読む

小泉進次郎氏の置き土産、追いつかない、猛烈な熱波・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Mon, 02 May 2022)
>> 続きを読む

KURADASHI、尾鷲ヒノキ、森林トリップ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/4/28) (Thu, 28 Apr 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る