#02 エコロジーソングス <Paul McCartney / Junk>

Paul McCartney / McCartney (1970)
Paul McCartney / McCartney (1970)

ビートルズ解散直前にリリースされたポールのファーストアルバムからの1曲。

 

解散後ポールは「My Love」を皮切りに甘いラブソングの量産にひた走っていくことになるのだが、この曲はポールには比較的珍しい、物に対する親愛ソングともいうべきものだ。

ポール・マッカートニーといえば天才的メロディメイカーであったり、ジョン・レノンをも凌ぐ新しもの好きというイメージがままあるが、このファーストアルバム「マッカートニー」だけはそのイメージを投げ捨てているように聞こえる。

ビートルズが音を立てて壊れていく現実から逃避したかったゆえなのか、ポールの関心のベクトルは未来どころか過去へ向いていたのではないかというほど、あえてプロデュースを拒んだような宅録のガシャガシャした音がアルバムの大部分を占めている。

 

 

その中にひっそりと佇む美しい「Junk」という曲の歌詞にはある仕掛けが施されている。

 

"さよなら さよなら とショーウインドーの看板が言う

 どうして どうして と庭のガラクタが問いかける"

 

という訳と

 

"買ってください 買ってください とショーウインドーの看板が言う

 どうして どうして と庭のガラクタが問いかける"

 

という訳。("Buy"と"Bye"は発音がほぼ同じなので2つの解釈が存在するのだ)

 

リリース時にビートルズ脱退を宣言することを考えれば、ポールはビートルズ時代の思い出(ガラクタ)へ、ささやかな別れの意味を込めたのかもしれない。

しかしポールの作詞能力を思えば、「どうして買ってくださいなんて言うんだ。(どうせ捨てられるのに)」という大量消費社会への皮肉とも受け取れるように捻りを加えたのではないだろうか。

 

農場に引きこもってもなお、天才は天才だったのだ。

 

文 / 上岡 ケン

www.eco-online.org Blog Feed

バイオプラ袋、愛知目標、流域治水・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/9/21) (月, 21 9月 2020)
>> 続きを読む

佐野高校の生徒たちにマダガスカル支援・SDGs・田中正造「真の文明」を語りました。 (Sat, 19 Sep 2020)
>> 続きを読む

カーボンレガシー、プラグインハイブリッド車、35年ぶりの外壁修繕・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/9/18) (Fri, 18 Sep 2020)
>> 続きを読む

宇都宮短期大学付属高校でSDGsをテーマに講演 (Fri, 18 Sep 2020)
>> 続きを読む

日本製テレワーク家具、暑過ぎて住めない、再生エネ応援団・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/9/17) (Thu, 17 Sep 2020)
>> 続きを読む

カーボンフリー、そのうち涼しくなる、パラシュートジャンプ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/9/16) (Wed, 16 Sep 2020)
>> 続きを読む

世界的需要ピーク、トランプ加州訪問、空港に骨・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/9/15) (Tue, 15 Sep 2020)
>> 続きを読む

海洋インフラ、オレゴン州火災、カリフォルニア州代替肉・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/9/14) (Mon, 14 Sep 2020)
>> 続きを読む

エコロジーオンライン創立20周年記念Tシャツができました。 (Fri, 11 Sep 2020)
>> 続きを読む

海洋保護革命、デング熱 北上、カリフォルニア州 供給不足・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/9/11) (Fri, 11 Sep 2020)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る