#02 エコロジーソングス <Paul McCartney / Junk>

Paul McCartney / McCartney (1970)
Paul McCartney / McCartney (1970)

ビートルズ解散直前にリリースされたポールのファーストアルバムからの1曲。

 

解散後ポールは「My Love」を皮切りに甘いラブソングの量産にひた走っていくことになるのだが、この曲はポールには比較的珍しい、物に対する親愛ソングともいうべきものだ。

ポール・マッカートニーといえば天才的メロディメイカーであったり、ジョン・レノンをも凌ぐ新しもの好きというイメージがままあるが、このファーストアルバム「マッカートニー」だけはそのイメージを投げ捨てているように聞こえる。

ビートルズが音を立てて壊れていく現実から逃避したかったゆえなのか、ポールの関心のベクトルは未来どころか過去へ向いていたのではないかというほど、あえてプロデュースを拒んだような宅録のガシャガシャした音がアルバムの大部分を占めている。

 

 

その中にひっそりと佇む美しい「Junk」という曲の歌詞にはある仕掛けが施されている。

 

"さよなら さよなら とショーウインドーの看板が言う

 どうして どうして と庭のガラクタが問いかける"

 

という訳と

 

"買ってください 買ってください とショーウインドーの看板が言う

 どうして どうして と庭のガラクタが問いかける"

 

という訳。("Buy"と"Bye"は発音がほぼ同じなので2つの解釈が存在するのだ)

 

リリース時にビートルズ脱退を宣言することを考えれば、ポールはビートルズ時代の思い出(ガラクタ)へ、ささやかな別れの意味を込めたのかもしれない。

しかしポールの作詞能力を思えば、「どうして買ってくださいなんて言うんだ。(どうせ捨てられるのに)」という大量消費社会への皮肉とも受け取れるように捻りを加えたのではないだろうか。

 

農場に引きこもってもなお、天才は天才だったのだ。

 

文 / 上岡 ケン

www.eco-online.org Blog Feed

お洒落に冬支度、寝るだけで社会貢献できる、歌舞伎ビール・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/10/7) (金, 07 10月 2022)
>> 続きを読む

人工的な雨、肉を食べちゃダメ、令和の公害・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/10/6) (Thu, 06 Oct 2022)
>> 続きを読む

<牛のうんちがマダガスカルを救う>第一次目標を達成しました。ご協力ありがとうございました! (Wed, 05 Oct 2022)
>> 続きを読む

木の日、ゴミの渦、サメ肌・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/10/5) (Wed, 05 Oct 2022)
>> 続きを読む

<牛のうんちがマダガスカルを救う>もう一息で100%達成です。 (Tue, 04 Oct 2022)
>> 続きを読む

牛豚肉抜き、中独協力、丸太供給量・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/10/4) (Tue, 04 Oct 2022)
>> 続きを読む

アンチラベではバイオガス装備設置の要望が高まっています。 (Sat, 01 Oct 2022)
>> 続きを読む

世界34カ国、最大15%成長押し下げ、ノルドストリームガス漏れ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/30) (Fri, 30 Sep 2022)
>> 続きを読む

コオロギフードでサステナブルな社会づくりへの参加を広げたい――昆虫食スタートアップ「エコロギー」の挑戦 (Thu, 29 Sep 2022)
>> 続きを読む

1足で2本植林、米生産能力、濁った水が川へ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/9/29) (Thu, 29 Sep 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る