#02 エコロジーソングス <Paul McCartney / Junk>

Paul McCartney / McCartney (1970)
Paul McCartney / McCartney (1970)

ビートルズ解散直前にリリースされたポールのファーストアルバムからの1曲。

 

解散後ポールは「My Love」を皮切りに甘いラブソングの量産にひた走っていくことになるのだが、この曲はポールには比較的珍しい、物に対する親愛ソングともいうべきものだ。

ポール・マッカートニーといえば天才的メロディメイカーであったり、ジョン・レノンをも凌ぐ新しもの好きというイメージがままあるが、このファーストアルバム「マッカートニー」だけはそのイメージを投げ捨てているように聞こえる。

ビートルズが音を立てて壊れていく現実から逃避したかったゆえなのか、ポールの関心のベクトルは未来どころか過去へ向いていたのではないかというほど、あえてプロデュースを拒んだような宅録のガシャガシャした音がアルバムの大部分を占めている。

 

 

その中にひっそりと佇む美しい「Junk」という曲の歌詞にはある仕掛けが施されている。

 

"さよなら さよなら とショーウインドーの看板が言う

 どうして どうして と庭のガラクタが問いかける"

 

という訳と

 

"買ってください 買ってください とショーウインドーの看板が言う

 どうして どうして と庭のガラクタが問いかける"

 

という訳。("Buy"と"Bye"は発音がほぼ同じなので2つの解釈が存在するのだ)

 

リリース時にビートルズ脱退を宣言することを考えれば、ポールはビートルズ時代の思い出(ガラクタ)へ、ささやかな別れの意味を込めたのかもしれない。

しかしポールの作詞能力を思えば、「どうして買ってくださいなんて言うんだ。(どうせ捨てられるのに)」という大量消費社会への皮肉とも受け取れるように捻りを加えたのではないだろうか。

 

農場に引きこもってもなお、天才は天才だったのだ。

 

文 / 上岡 ケン

www.eco-online.org Blog Feed

「ゴスペルミューズ」初ライブは大成功に終わりました! (月, 22 10月 2018)
>> 続きを読む

音楽は医療・介護を変える! 音楽による認知症ケアを描いたドキュメンタリー映画『パーソナル・ソング』上映イベントを、神保町ブックセンターで1月20日開催 (日, 21 10月 2018)
>> 続きを読む

【広告】地球環境問題に目を向ける 種をまき、その種が いつか芽吹いてほしい (木, 18 10月 2018)
>> 続きを読む

11/18 地域医療を手がける医療関係者と「パーソナルソング」の上映会を実施します。 (日, 14 10月 2018)
>> 続きを読む

市民の正常性バイアスをどう打ち破るか 気候被害対策市民会議2018が終了 (火, 09 10月 2018)
>> 続きを読む

第2回 飯山林福連携推進協議会を開催しました (火, 09 10月 2018)
>> 続きを読む

地域の高校生たちと「出張DJカフェ♪ミューズ」を実施しました。 (木, 04 10月 2018)
>> 続きを読む

温暖化の緩和・適応、音楽による認知症予防など、EOLの10月は講演が目白押しです。 (火, 02 10月 2018)
>> 続きを読む

気候被害を考える 7日に市民会議 (月, 01 10月 2018)
>> 続きを読む

【イベント】「気候被害対策市民会議2018」 気候被害から大切な“命(いのち)”を守るために (土, 29 9月 2018)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る