· 

【地域ESD活動推進拠点】小学校で「食品ロス」の授業をしました。

佐野市内の小学校5年生4組の皆さんに、食品ロスのボランティア授業を行いました。

1クラス1時間の計4時間の講義で、理事長も授業のやり方をつかみ、後半はよりわかりやすい授業になりました。

担任の先生やボランティアの方々からも、とてもわかりやすくて勉強になりました。と言ってもらえました。

 

以前講義した、マダガスカルの復習から授業は始まりました。

食べられるものが食べられなくなって捨てる事が食品ロス

電気もガスもないマダガスカルの小さな村では食品を保存できないため、食品ロスが多い。

日本での食品ロスは、食べきれなかったり賞味期限が切れたりした物が多く、両国の理由にはだいぶ差があります。

日本での食品ロスは毎日トラック1700台分になるそうです。現在、千葉では台風被害によって電気や水道が供給されていないので、食品ロスはもっと増えているでしょう。千葉の被害の大変さは子どもたちも知っていて、真剣に聞いていました。

日本では昔から干し芋、高野豆腐など、食品を乾燥させる事で食品を日持ちさせていました。乾燥させる事は、フードロスを減らす一つの手段になります。

エコロジーオンラインではマダガスカルでも太陽の光で食品を乾燥させて保存ができるようにお手伝いをしています。

 
フードバンクから頂いたお菓子を配り始めると教室は一気に盛り上がります。

「メッチャ美味しい!」「どこに売ってるんですか?」「捨てられるなんてもったいない!」

賞味期限が少ないからゴミになっちゃうんだよ。と話すと、マジマジと商品の裏面を見る。初めて商品パッケージの裏側を見た子も多かったようです。

 

食品ロスを減らすためには?

食べ残しをなるべくしない。買い過ぎない。

好き嫌いをしない。食べられるだけもらう。

食べられる量を作る。賞味期限は出来るだけ近いものを買う。

今日残したら次の日に食べる。買ったものは責任を持って食べる。

 

などなど、積極的な意見も出してくれた子どもたち。

お土産のもう一つの人気菓子とフードバンクのパンフレットを持って家庭で食品ロスについて語ってくれる事でしょう。

 

未来の日本を作るのは君たちです!

 

<参照リンク>
「食品ロス」を減らそう(消費者庁)

文 / エコロジーオンライン事務局

お菓子をいただいたフードバンク北関東を手がけるNPO法人三松会のみなさま
お菓子をいただいたフードバンク北関東を手がけるNPO法人三松会のみなさま

www.eco-online.org Blog Feed

Covid-19は地球環境にとって吉か、凶か。ポストコロナを想像する。 (火, 07 4月 2020)
>> 続きを読む

地域SDGs推進ネットワークで「さのきたバイオマスバレー」の活動を始めます! (Thu, 05 Mar 2020)
>> 続きを読む

【地域ESD活動】文部科学省「学校と地域でつくる学びの未来」に掲載されました。 (Mon, 02 Mar 2020)
>> 続きを読む

マダガスカル植林大作戦が現地テレビで紹介されました! (Sat, 29 Feb 2020)
>> 続きを読む

「マダガスカル児童絵画展2020春」を実施しています! (Sun, 23 Feb 2020)
>> 続きを読む

【EOLニュース】3/10 自動運転・高齢ドライバー問題・Maasに関するシンポジウムを開催します!(中止) (Thu, 20 Feb 2020)
>> 続きを読む

マダガスカルの植林活動への寄付で「マダガスカル みらい」のCDを一枚進呈! (Mon, 17 Feb 2020)
>> 続きを読む

マダガスカルで本格的な植林事業が始まる。 (Sun, 02 Feb 2020)
>> 続きを読む

3.10 東京電機大にて自動運転をテーマにしたシンポジウムを実施します。 (Tue, 28 Jan 2020)
>> 続きを読む

東京で田中正造とSDGsを語りました。 (Tue, 28 Jan 2020)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る