気候変動で悪化する空の乱気流 飛行機嫌いが倍増か!?

Cory Hatchel / CC BY-SA 2.0
Cory Hatchel / CC BY-SA 2.0

肉眼でもレーダーでも把握できない乱気流を晴天乱気流と呼ぶ。

大きく異なる速度で移動する空気の塊が衝突した時に生じることが多く、ジェット気流や山脈付近で生じることが多い。

この晴天乱気流の発生を予測することは難しい。そのため、飛行機内の事故につながることも多い。

こうした気象に関係する飛行機事故の24%がこの晴天乱気流によるものと言われ、乗客や客室乗務員が体を投げ出されて負傷するなどの事故につながる。

先頃、地球温暖化のおかげで晴天乱気流の発生頻度が高まるという研究が発表された。北アメリカとヨーロッパをつなぐ北大西洋航路で激しい揺れをともなう晴天乱気流の発生頻度は約3倍に増えるという。その結果、シートベルト着用の時間が2倍~3倍に増え、飛行機内でのストレスは増していく。

その他の地域について見てみると、北アメリカと北太平洋で約2倍、ヨーロッパで2.5倍の頻度になる。人口が多く飛行機をよく活用する地域に変化が大きくなることから、乗客や客室乗務員の事故が増えることも懸念される。

これからつくる飛行機に関しては、晴天乱気流の検出精度を上げ、事故を起こさない対応が求められる。すべての分野で気候変動への適応が待ったなしだ。

<参照リンク>
Climate change could nearly triple airplane turbulence in the next decades, study says
Global Response of Clear-Air Turbulence to Climate Change
晴天乱気流(ウィキペディア)

翻訳・文 / 有限会社ライツフォーグリーン

www.eco-online.org Blog Feed

海の温暖化が止まらない。南極の氷は溶け、2018年は過去最高を記録 (金, 18 1月 2019)
>> 続きを読む

地球温暖化は毎秒一個の原爆を海で爆発させることに匹敵! (Wed, 09 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(20) フランスの牡蠣が危ない (Sat, 05 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(19)サンタの危機! 温暖化でやせ細る北極のトナカイたち (Wed, 26 Dec 2018)
>> 続きを読む

市民の正常性バイアスをどう打ち破るか 気候被害対策市民会議2018が終了 (Tue, 09 Oct 2018)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(18) 地球温暖化でアオウミガメの赤ちゃんの99%がメスに! (Tue, 09 Jan 2018)
>> 続きを読む

エコロジーオンラインもノミネート! 「低炭素杯2018」のファイナリストが大集合! (Wed, 06 Dec 2017)
>> 続きを読む

マダガスカルでの里山エネルギー事業に「トヨタ環境助成プログラム」の助成が決定しました。 (Mon, 20 Nov 2017)
>> 続きを読む

複合汚染が海洋生物を襲う! 化石燃料の燃焼で進む海の酸性化 (Tue, 24 Oct 2017)
>> 続きを読む

世界が必要とする電力は大西洋を吹く風でまかなえる。 研究者が発表 (Wed, 11 Oct 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る