エコロジーオンラインはこの度、地域のESDの取り組みを支援する団体として、地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)に登録されました。

ESDとは「Education for Sustainable Development」の頭文字をとった略語で、持続可能な社会づくりの担い手を育む教育を表します。


当法人が、地球温暖化防止や再生可能エネルギーの普及に関わって18年が経過しました。私たちの暮らしから排出される温室効果ガスが、地球を温暖化させ、世界に異常気象をもたらし、後戻りできない状態にしてしまう。そんな未来予想とともに歩んで来ました。まさに今、そんな未来が現実化しつつあります。


私たち人間だけでなく、地球に存在するあらゆる生命が、遠い未来までその営みを続けていくためには、私たち自身が引き起こしたさまざまな問題を、自分の問題としてとらえ、一人ひとりが自分にできることを考え、実践していかなければなりません。そしてその先に、課題解決につながる価値観や行動を生み出し、持続可能な社会を創造する、そんな文明を育てていく必要があります。私たち、地域ESD拠点は、そのための学習や活動を支援していきます。


国連によるSDGs(持続可能な開発目標)の採択を受け、地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組む地域や団体も多くなりました。エコロジーオンラインは今後、栃木の地域ESD拠点として、地方ESD活動支援センターと連携しながら、現場で行われる様々なESDの取り組みを応援していきます。


皆さまの地域、組織で、ESDや、SDGsの取り組みを手がける際、アドバイスやサポートが必要な場合は、エコロジーオンライン事務局までメール、電話等でお気軽にご相談ください。


<参照リンク>                                                                
ESD活動支援センター
ESD推進ネットワークの構築に向けて

                      エコロジーオンライン事務局
                                                                    TEL:0283-23-9758 FAX:0283-27-7217
                                                                    Mail:info@eco-online.org

【ESDモデルプログラム】太陽エネルギーって何だろう?~太陽の恵みが暮らしを支える・かえる

エコロジーオンラインが協力してつくった【太陽エネルギー】について学ぶESDモデルプログラムをご紹介します。

[プログラムの目標]

①近年の地球規模で起こっている変化・現象が日々の暮らしにどんな影響が出ているか理解する。 ②日常生活で自分達がどれだけのエネルギーを消費しているか気づき、どのような影響を環境に及ぼしているか理解し、どのような行動をとれば影響を抑えられるか考える態度を養う。 ③日々の暮らしを支えるエネルギーの種類を知り、その長所や短所を理解する。 ④日本のエネルギー多消費型の社会を学んだ上で、どのような行動をすれば良いのかを考える態度を養う。

[プログラムの概要]

太陽由来のエネルギーをテーマに、日々の暮らしの中にどれだけのエネルギーが必要で、暮らしを便利にしているのかを理解する。日常生活で自分たちがエネルギーを大量消費していることに気づき、それはどのような影響を環境にもたらすのか、また、どのような行動をとればその影響が抑えられるか考える態度を養う。2種のエネルギーで食材を調理し、それぞれのエネルギーの長所・短所を体験を通じて知る。日本のエネルギー多消費型の社会を学んだ上で、日常生活の中で自らが出来る行動へ結びつけていく。

太陽エネルギーって何だろう?~太陽の恵みが暮らしを支える・かえる

太陽エネルギーって何だろう?~太陽の恵みが暮らしを支える・かえる
ESD(里山エネルギー).pdf
PDFファイル 2.6 MB

地域ESD拠点ニュース

2021年

9月

28日

【地域ESD】宇都宮短期大学付属高校でSDGsワークショップを実施

2021年9月25日に前回開催した宇都宮短期大学付属高校で実施しました。

今回は2年生を対象に会場都合もあり上岡会場と吉田会場に分かれて。2年生は昨年上岡理事長がSDGsについてのレクチャーをしているので今回はおさらい程度の話とメインはワークショップを内容は同じく未来工房方式です。

 

続きを読む

2021年

6月

15日

宇都宮短期大学付属高校でSDGsワークショップを実施

2021年6月10日NPO法人エコロジーオンライン上岡理事長とともに宇都宮短期大学附属高校でSDGsに関するワークショップを行ってきました。

高校1年生約400名を対象に密を避けながら運営。大きく二班に分け、上岡さんと私がそれぞれを担当し、午前中は40分のSDGs概要解説。午後は那須ロイヤルホテルに移動して80分のワークショップを2回に分けて実施しました。

 

続きを読む

2021年

5月

22日

東京大学の当事者研究Labで気候変動の講義をしました。

5月19日、東京大学先端科学技術研究センター当事者研究Lab. 熊谷研究室でエコロジーオンライン上岡理事長が講義をしました。

障がいを持つ当事者による研究の一環で気候変動について話題を提供しました。

洪水のように押し寄せる気候変動情報との向き合い方、どのように社会を変革するか、気候変動と当事者研究の近似性などを語りました。

続きを読む

2021年

5月

11日

令和3年度 女子美協働授業がスタート

女子美術大学と協働して実施する「キャラクター開発プロジェクト」がスタートしました。

令和3年度は、九州工大と地域、ジャンル、大学の枠を超えたロボットキャラクター、エコロジーオンラインと全国のワーケーション支援のSDGsキャラクター、那須どうぶつ王国とホッキョクオオカミのキャラクターなどを協働して手がけます。

続きを読む

2020年

11月

12日

【地域ESD拠点】仙台高専の生徒向けにSDGsオンライン授業を実施

11月11日(水)、国立行政法人国立高等専門学校機構 仙台高等専門学校の4年生40人を対象に「アクション!SDGs 里山エネルギーで手がける途上国支援」と題するオンライン授業を実施しました。

栃木と仙台をZOOMでつないだ授業は、持続可能な社会の必要性、SDGsの紹介、途上国支援におけるSDGsの運用、質疑応答の4つのパートで構成され、マダガスカルでの小さなエネルギー開発による支援をご紹介しました。

続きを読む

2020年

9月

19日

佐野高校の生徒たちにマダガスカル支援・SDGs・田中正造「真の文明」を語りました。

9月18日、スーパーグローバルハイスクールとして活動する佐野高校の生徒たちにオンライン授業を行いました。

佐野高校は地域貢献から世界の社会課題解決を目指す「田中正造型」グローバルリーダーの育成を目標に掲げています。

田中正造を学び、マダガスカルでSDGs活動を実践するエコロジーオンラインはそのロールモデルとも言えるものです。

続きを読む

2020年

9月

18日

宇都宮短期大学付属高校でSDGsをテーマに講演

9月14日・15 日、宇都宮短期大学附属高校にて、理事長と事務局長の私でSDGsの講演をさせていただきました。

750人を集客する本格的な音楽ホールで蜜を避けて2日間で4回の講演。なかなかハードで中身の濃い2日間でした。

お話をいただいてから、高校一年生にどんなトピックがしっくりくるのか考え、今どんな話題が旬なのかつかみきれずに現場に入りました。

 

続きを読む

2020年

6月

20日

【ESDオンライン】女子美術大学&佐野高校オンライン授業

佐野市の活性化に貢献する「羊」がキャラクターのテーマ
佐野市の活性化に貢献する「羊」がキャラクターのテーマ

今年も女子美術大学と協働授業が始まりました。

社会課題の解決や、地域活性化、中小企業支援などをテーマに学生とキャラクターを製作するこの授業ですが、今年は「認知症予防のためのスマートスピーカー用キャラクター」と「農林業による地域活性化のキャラクター」という二つのテーマを考えてもらいます。

続きを読む

2020年

6月

08日

【地域ESD】高校生たちにオンラインで「気候変動」を講義

6月5日、アフリカ問題を考える高校生ネットワーク アフ高の皆さんから声がかかり、気候変動に関するオンライン講義をしました。

インスタグラムでの呼びかけに集まった16名の参加者とともに、講義、グループディスカッション、全体まとめと、2時間半にわたって熱い意見交換になりました。

続きを読む

2020年

5月

25日

【バーチャルESD】6月からオンライン講義が本格化します。

5月25日、日本全国で緊急事態宣言が解除され、新しい生活様式のもと、新型コロナウィルスと共生する暮らしが始まります。

エコロジーオンラインではこの機会にオンラインのコミュニケーションをメインにする体制にあらため、様々な事業への展開を始めています。

続きを読む

«一つ前のページへ戻る