· 

全国のFM9局で「教えてSDGs」がスタート

4月2日、InterFM897を中心に各地のFM(青森、岩手、秋田、山形、石川、広島、山陰、香川)でオンエアされている「OH! HAPPY MORNING」で上岡裕理事長が出演する「教えてSDGs」がスタートしました。

金曜日の9時の時間帯の15分をお借りして、DJの小谷大輔さんと暮らしのなかでできるSDGsの取り組みについて、一緒に学んでいくコーナーです。

1回目の今回は自己紹介に続いて、小谷さんが大好きな「猫」をテーマに #にゃんこSDGs のお話をしました。エコロジーオンラインとともにSDGsを推進している那須どうぶつ王国との連携関係を中心に絶滅が迫る世界の野生ネコについての情報を発信していきます。

 

また、こちらからの発信だけでなく、リスナーから寄せられた素朴な疑問やSDGsの提案についてもお話をしていきます。お気軽にメッセージをお寄せくださいね。よろしくお願いいたします。

 

OH! HAPPY MORNING

radiko(オンエア日から1週間、タイムフリーでお楽しみいただけます)

www.eco-online.org Blog Feed

東日本放送、第一興商、エコロジーオンラインが協働 スポーツ×SDGs「スポーツの力で明日を変える!」がスタート! (金, 01 10月 2021)
東日本放送、第一興商、エコロジーオンラインがスポーツ庁「Sport In Life」の委託を受けて仙台で実施するイベントスポーツ×SDGs「スポーツの力で明日を変える!」の参加の受付が始まりました。 エコロジーオンラインでは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会のレガシーとして、SDGsのさらなる浸透をテーマにラジオ発信などの活動をしてまいりましたが、その体験を踏まえてSDGsを達成するスポーツの開発・普及にチャレンジします。 参加ご希望の方は下記のページからお申し込みください。 スポーツ×SDGs「スポーツの力で明日を変える!」【イベント参加者募集】
>> 続きを読む

フェリス女学院大学 現場を学ぶ勉強会 (2) (Thu, 30 Sep 2021)
チーム・マダガスカルで寄付されたソーラードライヤー チーム・マダガスカルで寄付されたソーラードライヤー フェリス女学院大学とマダガスカルをつないで行う「現場を学ぶ勉強会」第二回が終わりました。前回に続き、国際協力団体 Keep the smile(キープ・ザ・スマイル)に関わる学生さん等が参加してくれました。 今回のテーマは『食』です。   マダガスカルでは、人口の約 40%が栄養不足の状態にあり、偏った食習慣が問題になっています。特に南部では、干ばつによる食料不足が深刻です。 昔から農耕が盛んで、アフリカでは珍しくお米を食べる習慣があるマダガスカルの人にとって、「たっぷり米を食べること=幸せ」です。まるで一昔前の日本のようです。少量の肉あるいは野菜でお米を食べます。この食習慣により、野菜の供給に問題がなくても、摂取する栄養素が偏ってしまいます。特にビタミン A やカルシウム不足は顕著で、これは骨や歯の発育に影響を及ぼします。 また、島国であるマダガスカルでは、栄養豊富な魚がたくさん捕れますが、魚は海外に売り、お金にするもので、自分で食べるものではないという考えが主流で、魚を食べる習慣はないようです。陸地では、様々な種類の果物が豊富にできますが、収穫時期が限られ、さらに、電力も普及しているわけではないので、長期保存ができません。そのため、食べられるのは収穫時期のみです。保存ができないため、食べきれずに残ってしまうものも少なくありません。そこで、乾燥加工をするなどの工夫が必要です。果物は大事な栄養素の一部を担います。そこで、保存期間を延ばし、食べられる時期を長くすることにより、時期に影響される栄養の偏りを軽減することができます。   里山エネルギースクールでのソーラードライヤー体験 里山エネルギースクールでのソーラードライヤー体験   チーム・マダガスカルでは、ソーラードライヤーを用いた乾燥加工に取り組んでいます。ソーラードライヤーを使うと、電気を使わずに、天日干しでドライフルーツや干し野菜を作ることができ、本来であれば、腐ってしまったり、食べられずに残ってしまう果物や野菜を、4~5 か月保存できるようになります。これは、保存食として、雨季などに重宝します。ドライフードは単に乾燥させるだけではカビが生えやすかったり、後から虫が出てくることもあるため、長持ちするドライフードを作るためには、通気性がよく、害虫の侵入を防ぐことができる道具が必要です。その道具として、木製の箱型ソーラードライヤーを使用しています。今日の勉強会では、学生さんからネット(干し網)を使ってはどうかという意見が出ました!洗いやすく、軽いネットは、これからのドライフード作りに役立ちそうです! 栄養に関し、特に家族の人数が多いほど、発育不全になる傾向があります。また、若くして出産するケースも多く、知識がないままに子どもを育て、子どもが栄養不足に陥ることも少なくありません。少量のお肉や野菜で米を食べる大人の食生活を見て過ごす子どもが同様に育つのも当然です。このような栄養状態や食習慣を改善するためには、適切な情報と教育がカギになります。 チーム・マダガスカルでは、ラジオプログラム「ラジオミライ」立ち上げのためのクラウドファンディングを行っています。主要情報源や娯楽として、現地のより多くの人がアクセスできるラジオを通し、楽しく情報を伝えることが目的です。「ミライ」はマダガスカル語で「絆」を意味します。現地スタッフと協力し、日本とマダガスカルをつなぎ、番組を作っていく予定です。ぜひ、ご協力よろしくお願いします!    【マダガスカル支援】『ラジオ』を通し森の大切さや日本の文化を伝えたい!クラウドファンディングにご協力をお願いします。 レポート / “チーム・マダガスカル” 谷田晴菜
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る