フィジーが世界で初めてパリ協定を批准 

南太平洋の楽園フィジー。温暖化によって人々の暮らしが失われようとしている。 CC BY-NC 2.0 Malcolm Peacey
南太平洋の楽園フィジー。温暖化によって人々の暮らしが失われようとしている。 CC BY-NC 2.0 Malcolm Peacey

南太平洋の島国フィジー共和国が12日、世界に先駆けてパリ協定を批准した。

昨年12月に世界195か国が参加したCOP21で採択されたパリ協定は4月にニューヨークで署名式典が行われる。それに向けて批准する国が相次ぐと見られている。

フィジーが位置するオセアニアにはバヌアツ、トンガ、ツバルがある。温暖化による海面上昇で国家消滅の危機に瀕する国々だ。このパリ協定の成立にも大きな役割を背負った。

先進国の支援を受けてフィジーは2030年までにすべての電力を再生可能エネルギーでまかなうこと決めている。エネルギー分野からのCO2の排出を3割にまで削減することが目標だ。そのためにはパリ協定の発効が重要な鍵となる。

温室効果ガスの排出の55%を越える55の国々が批准するとパリ協定は発効される。温室効果ガスを大量に排出してきた先進国からもいち早い批准のニュースが届くことを祈りたい。

<参照リンク>
Fiji becomes first country in the world to ratify Paris agreement

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

 

www.eco-online.org Blog Feed

マダガスカルでの里山エネルギー事業に「トヨタ環境助成プログラム」の助成が決定しました。 (月, 20 11月 2017)
>> 続きを読む

複合汚染が海洋生物を襲う! 化石燃料の燃焼で進む海の酸性化 (火, 24 10月 2017)
>> 続きを読む

世界が必要とする電力は大西洋を吹く風でまかなえる。 研究者が発表 (水, 11 10月 2017)
>> 続きを読む

気候変動で悪化する空の乱気流 飛行機嫌いが倍増か!? (木, 05 10月 2017)
>> 続きを読む

地球温暖化で賢くなった!? 自ら水を大切にし始めた植物たち (火, 01 8月 2017)
>> 続きを読む

【Biophilia】スマートカーは「美しい地球」を守れるか (木, 13 7月 2017)
>> 続きを読む

9年後、地球の気温上昇は1.5℃を超える!? (木, 11 5月 2017)
>> 続きを読む

大気中の二酸化炭素が数百万年ぶりに410ppmを超えた! (月, 08 5月 2017)
>> 続きを読む

グリーン経済のメッカに! 米アイオワ州最大の電力会社の再エネ100%チャレンジ! (月, 01 5月 2017)
>> 続きを読む

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る