2016年

2月

19日

フィジーが世界で初めてパリ協定を批准 

南太平洋の楽園フィジー。温暖化によって人々の暮らしが失われようとしている。 CC BY-NC 2.0 Malcolm Peacey
南太平洋の楽園フィジー。温暖化によって人々の暮らしが失われようとしている。 CC BY-NC 2.0 Malcolm Peacey

南太平洋の島国フィジー共和国が12日、世界に先駆けてパリ協定を批准した。

昨年12月に世界195か国が参加したCOP21で採択されたパリ協定は4月にニューヨークで署名式典が行われる。それに向けて批准する国が相次ぐと見られている。

フィジーが位置するオセアニアにはバヌアツ、トンガ、ツバルがある。温暖化による海面上昇で国家消滅の危機に瀕する国々だ。このパリ協定の成立にも大きな役割を背負った。

先進国の支援を受けてフィジーは2030年までにすべての電力を再生可能エネルギーでまかなうこと決めている。エネルギー分野からのCO2の排出を3割にまで削減することが目標だ。そのためにはパリ協定の発効が重要な鍵となる。

温室効果ガスの排出の55%を越える55の国々が批准するとパリ協定は発効される。温室効果ガスを大量に排出してきた先進国からもいち早い批准のニュースが届くことを祈りたい。

<参照リンク>
Fiji becomes first country in the world to ratify Paris agreement

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

 

www.eco-online.org Blog Feed

温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!? (水, 01 2月 2017)
>> 続きを読む

東京都を超える面積が山火事で消失 チリが史上最高気温を記録! (火, 31 1月 2017)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 2017年は温暖化防止ビジネスが活性化!? (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(16) 軽い温暖化でも昆虫に大きな影響が出ることが判明 (月, 23 1月 2017)
>> 続きを読む

<速報>世界の平均気温が3年連続で史上最高を記録! NOAAが発表 (木, 19 1月 2017)
>> 続きを読む

トランプ旋風なんのその。気候変動、クリーンエネルギー満載のダボス会議が開幕 (月, 16 1月 2017)
>> 続きを読む

大統領が変わってもクリーンエネルギーの勢いは止まらない! オバマ氏が論文を発表 (水, 11 1月 2017)
>> 続きを読む

気候変動はかつてない脅威を世界にもたらす! 世界の軍事関係者が警告 (火, 06 12月 2016)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 トランプ政権の誕生と地球の未来 (月, 28 11月 2016)
>> 続きを読む

石炭火力発電所をやめたらマグロの水銀汚染が19%も改善! (月, 28 11月 2016)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る