自分たちの明るい未来を奪うな! こどもたちが勝ち取った気候変動裁判

こどもたちの勝利を伝える@RichardLAshwellのツイートより
こどもたちの勝利を伝える@RichardLAshwellのツイートより

米オレゴン州ユージーンの連邦地方裁判所が気候変動に対して画期的な判断を示した。

子どもたちが訴えた気候変動裁判において、彼らが憲法上の権利を持つことと、政府と化石燃料産業の動きを否定したのだ。

この裁判のために立ち上がったのは8歳~19歳の若者たちと気候学者のジェームス・ハンセン博士。合衆国憲法をたてに米政府と化石燃料産業を相手に裁判を起こした。

彼らが訴えたのは合衆国政府。化石燃料の掘削や生産、燃焼などを許諾し、奨励し、継続させていることに対し、生命、自由、財産をめぐる憲法上の権利や、必要不可欠な公共資源に対する権利がおかされていると訴えたのだ。

この裁判が画期的だったのは裁判所が彼らの生命、自由、財産に対する危機を政府が増大させているということを認めたことだ。担当したトーマス・コフィン判事は、気候変動に対する訴えを連邦裁判所の場に移し、気候変動問題について公平な判断を仰ぐことを指示している。

彼らは今後、有害な気候変動によって、現役世代、未来世代を危険にさらすことを政府に止めさせる命令を裁判所に求めていくという。そこまで行くのには時間がかかるかもしれない。だが、裁判所がアメリカの若者たちの声を聴く公平なチャンスを与えたことは大きなステップだ。

まだ起きていない気候変動の被害に対し、どう法律が立ち向かえるのか。人間が生み出したかつてない危機に対応するためには、社会構造を一から見なおさないといけないのかもしれない。

<参照リンク>
BREAKING: VICTORY IN LANDMARK CLIMATE CASE!

 

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

【チーム・マダガスカル】3/15〜3/25の予定でマダガスカルを訪問します。 (日, 10 3月 2019)
>> 続きを読む

セイロン瓜のグリーンカーテンで 夏の酷暑を乗り切ろう! @sano (Sun, 10 Mar 2019)
>> 続きを読む

世界に広がる子どもたちの気候ストライキ イギリスでは数千人が参加!? (Mon, 11 Feb 2019)
>> 続きを読む

北極・南極に続く第三の極「ヒンドゥークシュ」に忍び寄る危機 (Thu, 07 Feb 2019)
>> 続きを読む

温暖化なのになぜアメリカは凍えるのか? (Thu, 31 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(21) 地球温暖化が貧しい人たちの命を脅かす理由とは? (Tue, 29 Jan 2019)
>> 続きを読む

キツネザルが絶滅の危機に!? マダガスカルを襲う気候変動  (Sun, 27 Jan 2019)
>> 続きを読む

海の温暖化が止まらない。南極の氷は溶け、2018年は過去最高を記録 (Fri, 18 Jan 2019)
>> 続きを読む

地球温暖化は毎秒一個の原爆を海で爆発させることに匹敵! (Wed, 09 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(20) フランスの牡蠣が危ない (Sat, 05 Jan 2019)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る