自分たちの明るい未来を奪うな! こどもたちが勝ち取った気候変動裁判

こどもたちの勝利を伝える@RichardLAshwellのツイートより
こどもたちの勝利を伝える@RichardLAshwellのツイートより

米オレゴン州ユージーンの連邦地方裁判所が気候変動に対して画期的な判断を示した。

子どもたちが訴えた気候変動裁判において、彼らが憲法上の権利を持つことと、政府と化石燃料産業の動きを否定したのだ。

この裁判のために立ち上がったのは8歳~19歳の若者たちと気候学者のジェームス・ハンセン博士。合衆国憲法をたてに米政府と化石燃料産業を相手に裁判を起こした。

彼らが訴えたのは合衆国政府。化石燃料の掘削や生産、燃焼などを許諾し、奨励し、継続させていることに対し、生命、自由、財産をめぐる憲法上の権利や、必要不可欠な公共資源に対する権利がおかされていると訴えたのだ。

この裁判が画期的だったのは裁判所が彼らの生命、自由、財産に対する危機を政府が増大させているということを認めたことだ。担当したトーマス・コフィン判事は、気候変動に対する訴えを連邦裁判所の場に移し、気候変動問題について公平な判断を仰ぐことを指示している。

彼らは今後、有害な気候変動によって、現役世代、未来世代を危険にさらすことを政府に止めさせる命令を裁判所に求めていくという。そこまで行くのには時間がかかるかもしれない。だが、裁判所がアメリカの若者たちの声を聴く公平なチャンスを与えたことは大きなステップだ。

まだ起きていない気候変動の被害に対し、どう法律が立ち向かえるのか。人間が生み出したかつてない危機に対応するためには、社会構造を一から見なおさないといけないのかもしれない。

<参照リンク>
BREAKING: VICTORY IN LANDMARK CLIMATE CASE!

 

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

地球温暖化で賢くなった!? 自ら水を大切にし始めた植物たち (火, 01 8月 2017)
>> 続きを読む

【Biophilia】スマートカーは「美しい地球」を守れるか (木, 13 7月 2017)
>> 続きを読む

9年後、地球の気温上昇は1.5℃を超える!? (木, 11 5月 2017)
>> 続きを読む

大気中の二酸化炭素が数百万年ぶりに410ppmを超えた! (月, 08 5月 2017)
>> 続きを読む

グリーン経済のメッカに! 米アイオワ州最大の電力会社の再エネ100%チャレンジ! (月, 01 5月 2017)
>> 続きを読む

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

1℃の気温上昇でインド一つ分の永久凍土が消える! (水, 12 4月 2017)
>> 続きを読む

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ! (水, 05 4月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(17) ヨーロッパの大都市を気候変動リスクが襲う (月, 06 3月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る