目指せ!グリーンパワー100% ソルトレークシティのチャレンジ

自然環境に恵まれたソルトレークシティ CC BY 2.0 Garrett
自然環境に恵まれたソルトレークシティ CC BY 2.0 Garrett

米ソルトレークシティが市をあげて再生可能エネルギー100%に取り組むことになった。

その目標は2032年。まずは2020年までに市の施設の50%を再生可能エネルギーでまかなうことを予定している。

もう一つの目標がCO2の削減だ。

2040年までにソルトレークシティで排出されるCO2を8割削減するという。

7月12日、ビスカプスキ市長と市議会メンバーがClimate Positive 2040という共同決議に署名した。そのことを伝えたのが、市長によるこのツイッター投稿だ。

その内容について説明したウェブには次のようなことが書き込まれている。

まず、ソルトレークシティを再生可能エネルギー100%にするための戦略を年内に策定。大規模な建築物や商業施設と連携し、先進的な省エネプログラムを実践。エコロジカルな交通について検討する。また、自転車が走りやすい町にするインフラや、電気自動車の充電ステーションを整備する。

こうした活動を展開していくうえで重要になるのが地域コミュニティとの連携だ。そのために新しく地球温暖化防止にチャレンジする市民組織を整備するという。

市、議会、企業、市民がタッグを組んで地球温暖化防止にチャレンジする。こうした形で一つの国をまとめるのは至難の業だ。だが、ソルトレークシティのような市町村単位ならやりようがある。こうした地域が続々と世界に誕生していけば、各国の取り組みを勢いづかせることにもつながるだろう。ソルトレークシティに続く地域が出てくることを期待したい。

<参照リンク>
Salt Lake City Makes Historic Commitment to 100% Renewables by 2032
Climate Positive 2040

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

市民の正常性バイアスをどう打ち破るか 気候被害対策市民会議2018が終了 (火, 09 10月 2018)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(18) 地球温暖化でアオウミガメの赤ちゃんの99%がメスに! (Tue, 09 Jan 2018)
>> 続きを読む

エコロジーオンラインもノミネート! 「低炭素杯2018」のファイナリストが大集合! (Wed, 06 Dec 2017)
>> 続きを読む

マダガスカルでの里山エネルギー事業に「トヨタ環境助成プログラム」の助成が決定しました。 (Mon, 20 Nov 2017)
>> 続きを読む

複合汚染が海洋生物を襲う! 化石燃料の燃焼で進む海の酸性化 (Tue, 24 Oct 2017)
>> 続きを読む

世界が必要とする電力は大西洋を吹く風でまかなえる。 研究者が発表 (Wed, 11 Oct 2017)
>> 続きを読む

気候変動で悪化する空の乱気流 飛行機嫌いが倍増か!? (Thu, 05 Oct 2017)
>> 続きを読む

地球温暖化で賢くなった!? 自ら水を大切にし始めた植物たち (Tue, 01 Aug 2017)
>> 続きを読む

【Biophilia】スマートカーは「美しい地球」を守れるか (Thu, 13 Jul 2017)
>> 続きを読む

9年後、地球の気温上昇は1.5℃を超える!? (Thu, 11 May 2017)
>> 続きを読む

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

«一つ前のページへ戻る