フランスで使い捨てプラスチック食器の販売が禁止に!

使い捨て食器は日本でも生分解性になるか!? cotaro70s CC BY-ND 2.0
使い捨て食器は日本でも生分解性になるか!? cotaro70s CC BY-ND 2.0

フランス政府が2020年までにプラスチックの使い捨て食器の販売を禁止することを決めた。7月に実施されたレジ袋の廃止に続く大きな一歩だ。

スプーン、フォーク、カップ、皿などのプラスチック食器は禁止されるが、生分解性で地域のコンポスト施設でリサイクルできる食器については販売を認めるという。

京都議定書を決めた後の日本も世界の環境活動をリードすべく、地球温暖化防止の国民運動など様々な事業のチャレンジした。昨年末にパリ協定を決めたフランスだからこそ、ここまで踏み込んだ政策を実現できたと言えるだろう。

プラスチックゴミによる海洋汚染が叫ばれて久しい。海洋に流出したプラスチックごみが潮の流れに乗って他国の海岸に漂着し、ゴミで海岸を埋め尽くすことも多くなっているが、海洋生物にプラスチックゴミが巻きついたり、飲み込んだりすることによる生態系の破壊も進む。

それをストップさせるため、各国のNGOが連帯して行動することも始まった。このフランスの動きも脱化石することによる地球温暖化防止や、生態系の保全につながるとしてNGOからの評価は高い。だが、プラスチック食器を生産する産業での雇用の喪失や、使い捨て食器を使う貧しい家庭の支出が増加するのではないかという批判もあるのも事実だ。

社会的な痛みを抑えながら、どのように脱化石社会をつくっていくか。その取り組みが地に足をつけるまでにはしばらくは混乱が続くだろう。しかし、地球温暖化による異常気象などの頻発を考えると、こうした障害を乗り越える努力が必要となるだろう。

フランス政府の動きがどのように世界に影響を与えていくかしっかり見続けていきたい。

<参照リンク>
New law will force French picnickers to pack heavier

翻訳 / 文:ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

【Biophilia】スマートカーは「美しい地球」を守れるか (木, 13 7月 2017)
>> 続きを読む

9年後、地球の気温上昇は1.5℃を超える!? (木, 11 5月 2017)
>> 続きを読む

大気中の二酸化炭素が数百万年ぶりに410ppmを超えた! (月, 08 5月 2017)
>> 続きを読む

グリーン経済のメッカに! 米アイオワ州最大の電力会社の再エネ100%チャレンジ! (月, 01 5月 2017)
>> 続きを読む

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

1℃の気温上昇でインド一つ分の永久凍土が消える! (水, 12 4月 2017)
>> 続きを読む

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ! (水, 05 4月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(17) ヨーロッパの大都市を気候変動リスクが襲う (月, 06 3月 2017)
>> 続きを読む

温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!? (水, 01 2月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る