2016年

9月

27日

持続可能都市ランキングのトップはチューリッヒ! 日本の都市は大苦戦

チューリッヒの夜景。たしかに住みたくなりますね。Mark Gunn CC BY 2.0
チューリッヒの夜景。たしかに住みたくなりますね。Mark Gunn CC BY 2.0

デザインとコンサルティングを手がけるArcadisと、Center for Economic and Business Research が「Sustainable Cities Index(持続可能な都市指標)」を発表した。

第1位に選ばれたのはスイスの都市チューリッヒ。次に続くのは、シンガポール、ストックホルム、ウィーン、ロンドン。残念ながらベスト100に入った日本の都市は東京のみ。なんとか45位に選ばれた。

この指標はPeople(暮らしやすさ)、Planet(環境対策)、Profit(ビジネス環境)の3分野の総合点で競われる。Peopleで検討される分野は、健康、教育、収入、格差、ワークライフバランス、犯罪率、家計費。Planetは、エネルギー消費、再生可能エネルギー率、緑地率、リサイクル率とたい肥化率、温室効果ガス排出量、自然災害リスク、水道、下水道、大気汚染。Profitは、交通インフラ、事業のしやすさ、ツーリズム、一人当たりのGDP、グローバル経済におけるその都市の重要性、インターネットとブロードバンドの普及とつながりやすさ、就職率などが検討された。

すべての分野でバランスよく得点をとることは難しい。それぞれの分野で20位以内に入ったのは3位のストックホルム、4位のウィーン、11位のアムステルダムだけだった。

残念ながらこの指標でベスト100に入った日本の都市は45位の東京のみ。Profitでは28位と健闘したが、Peopleで44位、Planetで50位だった。大方の予想通り、経済はいいが、暮らしや環境というソーシャルな分野の取り組みはまだまだだった。

一方、アジアの都市では、シンガポールが2位、ソウルが7位、香港が16位にランクイン。アジアを代表するメトロポリス東京の地盤沈下が明らかになった格好だ。

今からでも遅くない。東京オリンピックをきっかけにソーシャルな分野での評価をあげるように努力してもらいたい。

<参照リンク>
Sustainable Cities Index(ARCADIS)
The Top 25 Most Sustainable Cities Around the Globe

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!? (水, 01 2月 2017)
>> 続きを読む

東京都を超える面積が山火事で消失 チリが史上最高気温を記録! (火, 31 1月 2017)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 2017年は温暖化防止ビジネスが活性化!? (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(16) 軽い温暖化でも昆虫に大きな影響が出ることが判明 (月, 23 1月 2017)
>> 続きを読む

<速報>世界の平均気温が3年連続で史上最高を記録! NOAAが発表 (木, 19 1月 2017)
>> 続きを読む

トランプ旋風なんのその。気候変動、クリーンエネルギー満載のダボス会議が開幕 (月, 16 1月 2017)
>> 続きを読む

大統領が変わってもクリーンエネルギーの勢いは止まらない! オバマ氏が論文を発表 (水, 11 1月 2017)
>> 続きを読む

気候変動はかつてない脅威を世界にもたらす! 世界の軍事関係者が警告 (火, 06 12月 2016)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 トランプ政権の誕生と地球の未来 (月, 28 11月 2016)
>> 続きを読む

石炭火力発電所をやめたらマグロの水銀汚染が19%も改善! (月, 28 11月 2016)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る