福島の新電力、須賀川瓦斯のHPで新電力料金のシミュレーションを試してみました!

福島県の須賀川瓦斯株式会社さんは、福島県内でのエネルギーの地産地消を目指し、県内にソーラー発電所をぞくぞく設置中です。

今年4月、その電力を中心にした電気を、企業・家庭向けに供給し始めました。

今までは東北の方向けの販売でしたが、ついに東京電力管内の関東エリアでもその新電力を購入できるようになるそうです!(11月頃からのスタート)

 

須賀川瓦斯さんは、発電コストの低い発電設備の整備など調達コストの削減や、販売にかかる営業費用の削減により電気を安く提供しているそうです。

ではシミュレーション、いってみましょう♪

地産地消のエネルギーが多く入っていて、更に電気代がお安くなるなんて、夢のようなお話なので、須賀川瓦斯さんのHPで料金シミュレーションをやってみました。

 うちは20年前から太陽光発電をやっているので、あまり電気代がかかっていません。なのでまったく料金が変わらないのでは???と少々疑っていましたが、それでもお安くなりました!!

一年間の料金表の中で消費電力の小さかった5~6月分と、大きかった12~1月分でシミュレーションしてみましたが、どちらもお安く計算されました。

実際に切り替わるのは11月過ぎだと思いますが、我が家もさっそく申し込んでみようと思います!

福島のため、地球のために。

福島の方たちが少しでも以前のような生活を取り戻せるように、その為のお仕事を作るためにも、須賀川瓦斯さんの新電力にSwitchしようと思います。

ご契約されるときには、須賀川瓦斯さんに「エコロジーオンラインで見たよ!」と一言お伝えいただけたら、福島県いわき市の株式会社磐城高箸さんの間伐材で作られたお箸(右)と当団体オリジナルステッカー「Switch for Fukusima」をプレゼントさせていただきます。

まずは、シミュレーションを体験してどのくらいお安くなるかを体験してみてください!

文 / エコロジーオンライン編集部

www.eco-online.org Blog Feed

気候変動の被害者たち(18) 地球温暖化でアオウミガメの赤ちゃんの99%がメスに! (火, 09 1月 2018)
>> 続きを読む

【RADIO SAKAMOTO】音楽による認知症ケアと沖縄での取り組み (火, 09 1月 2018)
>> 続きを読む

【メディア】1/5 下野新聞でマダガスカル支援の記事が掲載されました。 (金, 05 1月 2018)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 激動の2017年を振りかえって (木, 04 1月 2018)
>> 続きを読む

【メディア】1/4 日経新聞にオトトカラダプロジェクトが紹介されました。 (木, 04 1月 2018)
>> 続きを読む

【メディア】1/3 東京新聞にオトトカラダプロジェクトが紹介されました。 (木, 04 1月 2018)
>> 続きを読む

【メディア】12/29 雑誌「かがり火」にエコロジーオンラインが紹介されました。 (木, 04 1月 2018)
>> 続きを読む

【メディア】12/18 日経新聞にマダガスカル支援事業が紹介されました。 (木, 04 1月 2018)
>> 続きを読む

沖縄でもMusic & Memoryを実践! 「パーソナルソング」沖縄上映会が終了。  (水, 27 12月 2017)
>> 続きを読む

【リリース】マダガスカルでの挑戦! 環境の保全と教育で子どもたちに笑顔を! クラウドファンディングを実施します。 (月, 11 12月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る