温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!?

これからもずっと美味しい魚を食べ続けたいものですが・・・。 CC BY-NC 2.0 / Kristof
これからもずっと美味しい魚を食べ続けたいものですが・・・。 CC BY-NC 2.0 / Kristof

エコロジーオンラインでは昨年11月、石炭火力発電所が減って来たアメリカやヨーロッパに囲まれる北大西洋でクロマグロの水銀汚染が改善されてきたことを伝えた。

石炭火力発電所をやめたらマグロの水銀汚染が19%も改善! 

だが、温暖化の影響で違う形で水銀汚染が進むことがわかってきた。スウェーデンの研究者たちがScience Advancesに地球温暖化で進む近海の水銀汚染について発表している。

その論文によれば、温暖化によって降雨量が増え、地上にある自然有機物が水の流れを通して海へと移動する。海水に移動する自然有機物は今世紀末までに15%~20%増えるとされ、それによって植物プランクトンが大量に発生し、微生物のエサになる。移動した自然有機物のなかには農薬などに使われた水銀も含まれる。それが微生物によって水俣病の原因となったメチル水銀へと変化する。食物連鎖のなかでメチル水銀が生物濃縮され、私たちが食べるサカナを汚染する。サカナの水銀濃度がこれまでの7倍も増える可能性もあるという。

 

私たちが暮らしの基盤となる自然環境に境界線はない。自分たちが行った行為が思わぬ形で自分たちに還ってくる。地球温暖化によって大きく気候は変動する。それを当たり前と考えて文明を見直すことが重要になりそうだ。

<参照リンク>

New mercury threat to oceans from climate change

Terrestrial discharges mediate trophic shifts and enhance methylmercury accumulation in estuarine biota

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

世界が必要とする電力は大西洋を吹く風でまかなえる。 研究者が発表 (水, 11 10月 2017)
>> 続きを読む

気候変動で悪化する空の乱気流 飛行機嫌いが倍増か!? (木, 05 10月 2017)
>> 続きを読む

地球温暖化で賢くなった!? 自ら水を大切にし始めた植物たち (火, 01 8月 2017)
>> 続きを読む

【Biophilia】スマートカーは「美しい地球」を守れるか (木, 13 7月 2017)
>> 続きを読む

9年後、地球の気温上昇は1.5℃を超える!? (木, 11 5月 2017)
>> 続きを読む

大気中の二酸化炭素が数百万年ぶりに410ppmを超えた! (月, 08 5月 2017)
>> 続きを読む

グリーン経済のメッカに! 米アイオワ州最大の電力会社の再エネ100%チャレンジ! (月, 01 5月 2017)
>> 続きを読む

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

1℃の気温上昇でインド一つ分の永久凍土が消える! (水, 12 4月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る