· 

再生可能エネルギー、Well to Wheel、グレタ13歳妹いじめにあう・・・ 本日のエコニュースまとめ(2019/10/17)

学名「Nipponia nippon」。『日本書紀』『万葉集』では漢字で「桃花鳥」と記されている。全長約80cm。翼開長時は約130cm。春から夏にかけての翼の下面は朱色がかった濃いピンク色をしており、日本ではこれを「とき色」(朱鷺色)という。 1934年12月28日に天然記念物、1952年3月29日に特別天然記念物に指定された。 肉や羽毛を取る目的での乱獲や農薬による獲物の減少などが要因で生息数が減少し、 日本では野生のトキは絶滅したとされる。
学名「Nipponia nippon」。『日本書紀』『万葉集』では漢字で「桃花鳥」と記されている。全長約80cm。翼開長時は約130cm。春から夏にかけての翼の下面は朱色がかった濃いピンク色をしており、日本ではこれを「とき色」(朱鷺色)という。 1934年12月28日に天然記念物、1952年3月29日に特別天然記念物に指定された。 肉や羽毛を取る目的での乱獲や農薬による獲物の減少などが要因で生息数が減少し、 日本では野生のトキは絶滅したとされる。

英国の2019年第3四半期の電力供給において、風力、バイオマス、太陽光といった再生可能エネルギー源が40%を占めた。一方、化石燃料(英国においては実質的にすべてガス)は39%であったことが、カーボン・ブリーフ(Carbon Brief)の気候変動アナリストらによって明らかになった。残りの21%の大半は原子力によるものだ。再生可能エネルギーが化石燃料を抜いたのは、1882年に英国で発電所が稼働を始めて以来初。英国のナショナル・グリッド(送電事業者)は、今年中にゼロカーボンの電力がガスおよび石炭による発電を上回ると予測していた。

 

世の中の自動車メーカーが電動化へ向けて大きく舵を切っているさなか、かたくなに内燃機関の進化にこだわり、その可能性を拡げるための開発を続けているのがマツダである。Part.1では「サステイナブルZoom-Zoomフォーラム2019 in 横浜」でシニアイノベーションフェローの人見光夫氏が内燃機関の将来性について語ったのを軸に解説した。

 

日のニュースは以下です。

再生可能エネルギーが化石燃料を抜く=英国で初

40メートルの風車の羽根走る 留萌→小平→苫前予定地まで40キロ 交差点で通行止めも

【マツダのミスターエンジンが語る_その2】「Well to Wheel」で考えるとEVがエコでなくなる!?

日本にあった未来への希望の種、見つけたのはフランス人カップル。映画『できる C’EST POSSIBLE』

「13歳の妹がいじめにあう」トゥーンベリが明かした家族の苦難

www.eco-online.org Blog Feed

木造の高層ビル、Makani、脱炭素チャレンジカップ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/21) (金, 21 2月 2020)
>> 続きを読む

デルタ航空、ファミマ バイオマス袋、イギリス ガソリン車・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/20) (Thu, 20 Feb 2020)
>> 続きを読む

海のエコラベル、反ソーラーパネル、芝生掘り返し 気候変動対策を・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/19) (Wed, 19 Feb 2020)
>> 続きを読む

ソーラーシェアリング市場、マルメ海洋教育、アフロ画報・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/18) (Tue, 18 Feb 2020)
>> 続きを読む

5ナノメートル半導体、ホテルアメニティ、Fridays for Future・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/17) (Mon, 17 Feb 2020)
>> 続きを読む

植林法案、エンデバーパンツ、バイオマス発電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/14) (Fri, 14 Feb 2020)
>> 続きを読む

ウッドキューブ、ソーラータイルルーフ、韓国 気候変動被害・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/13) (Thu, 13 Feb 2020)
>> 続きを読む

サンパワー、ソネングラス、ジョーカー アニマルライツ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/12) (Wed, 12 Feb 2020)
>> 続きを読む

Energy Creation、駐屯地で再エネ施設、グレタ症候群・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/10) (Mon, 10 Feb 2020)
>> 続きを読む

古民家の古木(R)、共和党ごった煮政策、気候悪党・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/2/7) (Fri, 07 Feb 2020)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る