· 

ビントゥアン省、オーストラリア森林火災、グレタ ミート・ローフに一喝・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/1/8)

イリオモテヤマネコは沖縄県西表島の固有種であり、特別天然記念物。  イリオモテヤマネコよりも知名度は劣るが、対馬だけに生息するのがツシマヤマネコ。国の天然記念物に指定されている。  どちらも尾は先端まで太く、胴長で四肢は太く短い。耳の後ろに白い斑点があるのがヤマネコの特徴だ。  土地開発による生息地の減少や感染症、交通事故などにより野生の個体数が減少。交通事故での死亡数を減らすため、看板や道路標識を設置したり、保護センターでの研究を進めるなど保護活動が実施されている。
イリオモテヤマネコは沖縄県西表島の固有種であり、特別天然記念物。 イリオモテヤマネコよりも知名度は劣るが、対馬だけに生息するのがツシマヤマネコ。国の天然記念物に指定されている。 どちらも尾は先端まで太く、胴長で四肢は太く短い。耳の後ろに白い斑点があるのがヤマネコの特徴だ。 土地開発による生息地の減少や感染症、交通事故などにより野生の個体数が減少。交通事故での死亡数を減らすため、看板や道路標識を設置したり、保護センターでの研究を進めるなど保護活動が実施されている。

世界中で、火災や違法伐採により森林の消滅が進行している。干ばつなどの気候変動の兆候に表れているような徐々に進む環境悪化の影響もある。

温室効果ガスが大気中に蓄積するにつれ、こうした負の連鎖が気候変動を加速させているようだ。だが、あるスタートアップが、世界の森林に焦点を当てたカーボンオフセットを推進し、植林を促そうとしている。

 

グレタ・トゥーンベリは気候変動を信じるように「洗脳されている」と語ったミート・ローフの発言に反応を示している。

ミート・ローフは現地時間1月3日、現在17歳の環境保護活動家であるグレタ・トゥーンベリについて、気候変動に向けた活動以外のことに時間を費やすべきだと指摘している。

「グレタには同情するよ」と彼は語っている。「彼女は洗脳され、気候変動が起きていると思い込まされているんだ。そんなのは起きていないのにね。彼女は何も間違ったことはしていないけど、自分が真実を語っていると思い込まされているんだよ」

 

 

日のニュースは以下です。

炭素市場を通じて世界の森林再生を支援するPachama

国内初の風力発電所で火災、80mの高さになす術なし―ビントゥアン省

まさに最強タッグ!19万4400mAhの超大容量バッテリーと100Wのソーラーチャージャーが一体化したポータブル電源「Jackery SolarSaga 100」

グレタ・トゥーンベリ、気候変動を信じるよう洗脳されていると批判したミート・ローフに言及

ゴールデングローブ賞授賞式、セレブたちがオーストラリアの森林火災と気候変動問題を訴える

«一つ前のページへ戻る