· 

目を覚まして ナカテ氏、ビリー・アイリッシュ、バイデン EU・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/10/26)

「マヌルネコ」 マヌル(manul)はモンゴル語に由来し、「小さい野生ネコ」という意味。  額は高く耳が低い位置にあるなど、特徴的な顔をしている。  寒い環境でも生きられるように、体毛が長く密集して生えており、大変もふもふして見える。  病原菌が少ない高地・砂漠地帯などに生息しているため、雑菌に非常に弱く感染症にかかり死亡してしまうことが多い。  そのため、飼育下での繁殖が非常に難しい。
「マヌルネコ」 マヌル(manul)はモンゴル語に由来し、「小さい野生ネコ」という意味。 額は高く耳が低い位置にあるなど、特徴的な顔をしている。 寒い環境でも生きられるように、体毛が長く密集して生えており、大変もふもふして見える。 病原菌が少ない高地・砂漠地帯などに生息しているため、雑菌に非常に弱く感染症にかかり死亡してしまうことが多い。 そのため、飼育下での繁殖が非常に難しい。

ウガンダの環境活動家バネッサ・ナカテさんは、世界各国の指導者に対し、「目を覚ます」よう訴え、気候変動が危機的状況にあることを認識するよう強く求めた。10月7日、インターネット上に配信された「デズモンド・ツツ国際平和講演会」のなかで、ナカテさんは、貧困、飢餓、災害、紛争、また女性や子供に対する暴力、これらが気候変動に関連する問題であると示した。

 

日本時間2020年10月25日午前7時に開催されたビリー・アイリッシュ自身初の<WHERE DO WE GO? オンラインライブ>。新型コロナウイルス拡大の影響で今年3月12日に行われたノースカロライナ州での公演を最後にワールド・ツアーの延期が続いていたが、約7カ月ぶりにライブストリーミングという形でファンの前に戻ってきたビリー。地元である米ロサンゼルスからライブ中継され、世界中にいるビリーファンとリアルタイムでパフォーマンスを観ることができた貴重な体験であった。

  

 

 

日のニュースは以下です。

温暖化の影響「ある」8割、対策拠点整備なし4割 全都道府県・政令市アンケート

「目を覚まして」 環境活動家ナカテ氏、世界の指導者へ訴え

ビリー・アイリッシュ、初オンラインライブ開催。最先端技術も駆使した圧倒的なステージ

核廃棄物最終処分地への応募を「『財源』の魅力が追い込んだ」とアエラ

もしバイデンが米大統領になったら、EUとの関係はどうなる?

www.eco-online.org Blog Feed

再エネ発電容量、道産木材人気、ネットゼロ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/14) (金, 14 5月 2021)
>> 続きを読む

省エネ空調、住宅用木材、2030年目標・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/13) (Thu, 13 May 2021)
>> 続きを読む

大型海藻、ウッドショック、再生型観光・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/12) (Wed, 12 May 2021)
>> 続きを読む

パラ聖火 燃料、アリババ 脱炭素、牛肉への愛・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/11) (Tue, 11 May 2021)
>> 続きを読む

2兆円基金、清浄な水、マトリョーシカ工法・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/10) (Mon, 10 May 2021)
>> 続きを読む

世界8位、里山保全、ゴミゼロハウス・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/7) (Fri, 07 May 2021)
>> 続きを読む

脱石炭、殺虫剤やめてもいい、禁断のプランB・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/6) (Thu, 06 May 2021)
>> 続きを読む

探るバイデン、ロシアの本気度、分散型発電所・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/4/28) (Wed, 28 Apr 2021)
>> 続きを読む

安さ勝負、柏崎刈羽非稼働、劇的な気候変動・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/4/27) (Tue, 27 Apr 2021)
>> 続きを読む

ライスレジン、倍加した脱炭素、海底直流送電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/4/26) (Mon, 26 Apr 2021)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る