· 

超強力脱炭素推進、脱化石燃料化、洋上風力 全撤去・・・ 本日のエコニュースまとめ(2020/12/18)

「アマミノクロウサギ」鹿児島県奄美大島及び徳之島にのみ分布する固有種。  日本では、1921年に国の天然記念物、1963年に特別天然記念物に指定、  2004年には種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。  減少の原因は交通事故や、ネコやイヌ、マングースなどによる捕食。  環境省が平成12年度から実施しているマングースの駆除事業により、奄美大島に生息するアマミノクロウサギの個体数も回復傾向にある。
「アマミノクロウサギ」鹿児島県奄美大島及び徳之島にのみ分布する固有種。 日本では、1921年に国の天然記念物、1963年に特別天然記念物に指定、 2004年には種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。 減少の原因は交通事故や、ネコやイヌ、マングースなどによる捕食。 環境省が平成12年度から実施しているマングースの駆除事業により、奄美大島に生息するアマミノクロウサギの個体数も回復傾向にある。

「脱炭素」をテコに、トランプ大統領の4年間で失われた国際社会での米国の威信回復を目指す、ジョー・バイデン次期大統領。その政策の立案や推進にかかわる「チーム」の陣容が明らかになってきた。脱炭素はバイデン氏の看板政策だけに、人選にメディアも強い関心を寄せている。

 

環境省は17日、地球温暖化が国内の社会や経済、環境などに及ぼす影響を評価した報告書を公表した。21世紀末にコメの収穫減などが起こり、水害などで製造業などにも影響が出ると予測。評価した71項目の7割で「重大な影響」が出ると警告した。気候変動による悪影響を減らすための適応計画の改定に役立てる。

  

 

 

日のニュースは以下です。

米国の威信回復を目指すバイデン新政権の「脱炭素」推進チームは超強力布陣

欧州の商用車業界、2040年までに新車の脱化石燃料化を目指す

温暖化の「重大な影響」増す 環境省報告書、収穫減など

FRB議長、コロナ「今後数カ月が試練」 記者会見要旨

洋上風力発電「全撤去」正式表明 楢葉沖、見通しの甘さ指摘も

www.eco-online.org Blog Feed

水中ゴミ拾い、かるがるまな板、丈夫で強そう・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/20) (金, 20 5月 2022)
>> 続きを読む

落ちないキャップ、デジタル人民元、竜のウロコ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/19) (Thu, 19 May 2022)
>> 続きを読む

「ゼロ」インキ、斗々屋、国産木材切り替えに補助・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/18) (Wed, 18 May 2022)
>> 続きを読む

名画になった海、「ZZZ」始動、漁への影響・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/17) (Tue, 17 May 2022)
>> 続きを読む

次善の策、北海道の植林、自然が気に入ったのに・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/13) (Fri, 13 May 2022)
>> 続きを読む

大量の流木、プラスチックスプーンもらわない、伸び率123%・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/12) (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

使い捨て手袋、再び自動車用ガラスに、若者が突き上げて・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/11) (Wed, 11 May 2022)
>> 続きを読む

国産ヒノキふんだん、ペットボトル回収機、きちんと説明せよ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/10) (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

sankara hotel、50度を超える地域も、ポツンと1基・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/9) (Mon, 09 May 2022)
>> 続きを読む

ロシアショック、大人じゃできない価格、食べないコメ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/2) (Fri, 06 May 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る