· 

Race to Zero、環境アセス着手、独首相 前倒し拒否・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/5/18)

「ホッキョクオオカミ」那須どうぶつ王国では、2020年にホッキョクオオカミを公開し、国内で唯一の飼育・展示をしている。  ホッキョクオオカミは主にグリーンランドやその近郊の島、ユーラシア大陸の北極圏に生息しており、  その生態については、生息地の天候が厳しく、研究が困難であるため、未だ解明されていないことが多い。
「ホッキョクオオカミ」那須どうぶつ王国では、2020年にホッキョクオオカミを公開し、国内で唯一の飼育・展示をしている。 ホッキョクオオカミは主にグリーンランドやその近郊の島、ユーラシア大陸の北極圏に生息しており、 その生態については、生息地の天候が厳しく、研究が困難であるため、未だ解明されていないことが多い。

気候変動がワイン産業にもたらす影響は大きい。米国の研究によると、世界の平均気温が産業革命前に比べ2度上がると、既存のワイン生産地の56%でブドウの栽培が難しくなる可能性があるという。こうしたことを背景に、欧米のワイナリーが参加するIWCA(気候変動に取り組む国際ワイナリー協議会)はこのほど、UNFCCC(国連気候変動枠組条約)事務局が行う国際キャンペーン「Race to Zero(ゼロへのレース)」に参画した。

 

ドイツのメルケル首相は15日、石炭による火力発電の全廃時期を現在の2038年から前倒しする要求を拒否した。

首相は「カーボンニュートラル(炭素中立)までの道のりについては一定の信頼性が必要」と指摘し、1年で目標を変えることは望まないとの考えを示した。

気候変動関連の活動家らは、早期に「脱石炭」を実現しなければ、メルケル政権がこのほど決定した野心的な気候保護目標は達成できないと訴えていた。

 

   

 

日のニュースは以下です。

欧米の大手ワイナリーも気候変動対策を強化 国連の「Race to Zero」に参画

動画:福建省で大型洋上風力発電ユニットの発送電に成功 単体容量アジア最大

能登の風力発電増設に住民反発、環境アセス着手 自然破壊など懸念

ケニアの茶産業、気候変動で壊滅的打撃か 分析

独首相、「脱石炭」目標達成時期の前倒し要求を拒否

www.eco-online.org Blog Feed

スカイツリー222基分、風車の壁、口ばかり・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/24) (月, 24 1月 2022)
>> 続きを読む

謎解きが毎月、廃棄ピザ生地、都合よくSDGs・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/21) (Fri, 21 Jan 2022)
>> 続きを読む

ミカン風味、トンガとつながり深い、日本企業が最多・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/20) (Thu, 20 Jan 2022)
>> 続きを読む

窓から脱炭素、ネットゼロ、国連事務総長・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/19) (Wed, 19 Jan 2022)
>> 続きを読む

プラスチックを食べる、ケイアイスター、お魚サブスク・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/18) (Tue, 18 Jan 2022)
>> 続きを読む

トンガ噴火、イビザ島、北極圏の森林火災・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/17) (Mon, 17 Jan 2022)
>> 続きを読む

エコアメニティ、カーボンオフセットLPガス、県民賞・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/14) (Fri, 14 Jan 2022)
>> 続きを読む

きれいな空気と水、サンゴ礁の状態、暗い見通し・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/13) (Thu, 13 Jan 2022)
>> 続きを読む

水素戦略、タブを開くほど寄付になる、サステナブルな家具・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/12) (Wed, 12 Jan 2022)
>> 続きを読む

国内避難民居住区、やりきれなさ、サブスク福袋・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/1/11) (Tue, 11 Jan 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る