· 

アリババ、気候変動オペ、小型原子炉・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/8/4)

「ホンドオコジョ」準絶滅危惧種。  日本にはホンドオコジョとエゾオコジョの2種類が生息している。ホンドオコジョの方が体が小さい。  可愛らしい見た目から「森の妖精」「山の妖精」などと呼ばれ親しまれている。  夏は白と褐色、冬は白色になり、 夏毛の時も冬毛の時も、尾の先端が黒いのが特徴。
「ホンドオコジョ」準絶滅危惧種。 日本にはホンドオコジョとエゾオコジョの2種類が生息している。ホンドオコジョの方が体が小さい。 可愛らしい見た目から「森の妖精」「山の妖精」などと呼ばれ親しまれている。 夏は白と褐色、冬は白色になり、 夏毛の時も冬毛の時も、尾の先端が黒いのが特徴。

アリババ集団は5月、カーボンニュートラルに向けて取り組みを発表した。脱炭素に関して大きな方針が3つある。①技術革新の加速②顧客や取引先に対する脱炭素の呼びかけ③サービスを利用する消費者が低炭素型のライフスタイルに移行できるよう促す取り組み――の3つだ。

 

米国の公益事業会社が小型の原子炉に注目している。気候変動に関係しているとされる二酸化炭素(CO2)の排出量低減を後押しできる安定的なエネルギー源として見込んでいるためだ。

電力会社はコスト超過や建設の遅れを理由に大型の原子炉の建設を中止しているが、全ての公益事業会社が原子力をあきらめているわけではない。

エナジー・ノースウエスト、ユタ州の公営共同電力事業体(UAMPS)や、ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ傘下のパシフィコープなど、いくつかの米国の公益事業会社や電力コンソーシアムは、メーカーと提携し、小型モジュール炉(SMR)の建設に乗り出している。彼らはCO2を排出せず、24時間発電できるというSMRの潜在性に魅力を感じている。

 

 

   

 

日のニュースは以下です。

アリババ「消費者巻き込み脱炭素」 日本法人取締役

『2035年「ガソリン車」消滅』著者が自動車業界の将来をポジティブに見ている理由

木材高騰「ウッドショック」 愛媛県内でも明暗

日銀が始める「気候変動オペ」に噴出した賛否両論

小型原子炉に照準、気候変動懸念で米電力会社

www.eco-online.org Blog Feed

ゲイツ氏団体、合意目前なのか、茶かすを燃料・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/22) (水, 22 9月 2021)
>> 続きを読む

CIRCLE CUP、気候変動からは逃れられない、建物の壁や窓・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/21) (Tue, 21 Sep 2021)
>> 続きを読む

ゆ・ら・ら、実写版ダンボ、林業500年・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/17) (Fri, 17 Sep 2021)
>> 続きを読む

動くガンダム、食用に適さない、牛のトイレトレーニング・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/16) (Thu, 16 Sep 2021)
>> 続きを読む

政権の命取り、ナキウサギ、僕の後悔・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/15) (Wed, 15 Sep 2021)
>> 続きを読む

2億1600万人、国家予算級、小泉進次郎さん・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/14) (Tue, 14 Sep 2021)
>> 続きを読む

変わり種発電、わずかな光、食べ残し禁止法・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/13) (Mon, 13 Sep 2021)
>> 続きを読む

紙おむつ燃料化、二国間クレジット制度、過去17回・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/10) (Fri, 10 Sep 2021)
>> 続きを読む

外国企業、昆虫で飢えをしのぎ、上昇鈍る・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/9) (Thu, 09 Sep 2021)
>> 続きを読む

ワイン醸造所、ケリー米特使、2倍速で育つ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2021/9/8) (Wed, 08 Sep 2021)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る