· 

さとうきびの搾りかす、ロシア材ストップ、謎の電気余り・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/5/27)

コウノトリ / Oriental White Stork コウノトリは兵庫県の県鳥であり、1956年には国の特別天然記念物に指定されています。  世界で極東地域にのみ生息する大型の肉食性鳥類であり,  湿地生態系の食物連鎖の頂点に立つ鳥です。  越冬のために日本に渡ってくることもあります。  残念ながら1971年に日本に生息する野生のコウノトリは絶滅してしまいました。  絶滅してしまった日本や韓国では、各国と連携しながら野生復帰事業を進めています。
コウノトリ / Oriental White Stork コウノトリは兵庫県の県鳥であり、1956年には国の特別天然記念物に指定されています。 世界で極東地域にのみ生息する大型の肉食性鳥類であり, 湿地生態系の食物連鎖の頂点に立つ鳥です。 越冬のために日本に渡ってくることもあります。 残念ながら1971年に日本に生息する野生のコウノトリは絶滅してしまいました。 絶滅してしまった日本や韓国では、各国と連携しながら野生復帰事業を進めています。

昨年からの木材価格が高騰した「ウッドショック」は、今も続いている。建築家などと話をすると、どうしてもこの話題になるのだ。木材価格が上がれば、建築費にも響いてくる。やはり関心は「いつまで続くか」だろう。

そこで、改めてウッドショックについて考えたいのだが、まず昨年と今年では根本的に原因が変わってしまったと思っていただきたい。おかげで、これまでの予測は飛んでしまった。

 

私がお伝えしたいのは「謎の電気余り」です。

ウクライナ情勢による火力発電燃料の高騰で、高止まりしている電気料金。しかし最近、この貴重な電気がなぜか余り、発電を止めざるをえない異例の事態が頻発しているのです。

なぜ、こんなもったいない事になっているのか?ポイントはこちら。「お金と一緒!貯めるのが難しい」注目です。

 

   

 

日のニュースは以下です。

CO2排出量約81%ダウン  「さとうきびの搾りかす」の植物由来100%原料を使用した 「ベイトバガスパック」を釣り具業界初「虫エサ容器」に採用

途上国の脱炭素化推進へ、環境省22年度「都市間連携事業」に20件採択

ロシア材ストップでウッドショック事情は変わったか

謎の「電気余り」頻発 料金高騰なのに…なぜ? 再生可能エネルギーの課題【ネタプレ経済部】

デロイト、気候変動への無策の代償を50年間で約2京2,600兆円と試算

www.eco-online.org Blog Feed

クリーンアップ作戦、まさかの撤退、ど冷えもん・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/25) (金, 25 11月 2022)
>> 続きを読む

J-ECO、これだけの理由、原発10基分・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/24) (Thu, 24 Nov 2022)
>> 続きを読む

たった4%、越えてはならない一線、規格外品バナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/22) (Tue, 22 Nov 2022)
>> 続きを読む

生八ツ橋の切れ端、偽証取引、タートルネックで節電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/21) (Mon, 21 Nov 2022)
>> 続きを読む

バイオ原油、みんなリビング、ブラジルが戻ってきた・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/18) (Fri, 18 Nov 2022)
>> 続きを読む

「見せかけ」脱炭素宣言、Gravity Flow、オイシックス・ラ・大地・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/17) (Thu, 17 Nov 2022)
>> 続きを読む

虫の幼虫を人間のお腹で、もうモノマネとは言わせない、食べられるコンクリート・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/16) (Wed, 16 Nov 2022)
>> 続きを読む

SDGs未来都市、ふかひれや牛タン、さざ波発電・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/15) (Tue, 15 Nov 2022)
>> 続きを読む

本末転倒、置き換え可能、1・5度の約束・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/14) (Mon, 14 Nov 2022)
>> 続きを読む

廃棄うどん、3回連続の不名誉、もったいないバナナ・・・ 本日のエコニュースまとめ(2022/11/11) (Fri, 11 Nov 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る