· 

【イベント】6/9 “精霊と生きるドゥルマ民族”体験報告会

ケニアの首都ナイロビからワゴン車に乗り2日かけて到着したダガムラ・カヤと市街地に近いサンサメリでは、夜を徹して太鼓の音が響き渡り、踊り手たちが一心不乱に踊り、歓喜の歌、足に付けたジュガ(金属の鳴り物)の音が闇夜を包んでいた。

脈々と受け継がれていくセンゲーニャというンゴマ(音楽とか太鼓という意味、伝統音楽)は、単なる音楽ではなく、シャーマンのメッセージを伝える役割があり、そのリーダー的存在の12人の旗持ちが集まっていた。

 

盛大な儀式は聖なる樹々に祈りを捧げ、儀式の中心となったマテラ長老の先祖の墓参りをして幕を閉じた。だが、その後、村の人々が抱えている大きな問題が浮き彫りになった。それは今ケニア政府が進めている経済開発やインフラ整備で、生活が困窮するドゥルマ民族の実情だった──。

 “精霊と生きるドゥルマ民族”体験報告会

 講師:小林伸司(エコロジーオンライン理事)

 日時:6月9日(土)

 会場:佐野市役所1階市民活動スペース

 料金:無料 (ご寄付を受け付けています!)

 スケジュール:

  13:30 開場

  14:00 開演

  15:30 トークセッション

 「アフリカの貧困にどう立ち向かうか」

    パネリスト:上岡裕(エコロジーオンライン理事長)

           小林伸司

           大和田正勝(里山エネルギー(株)代表取締役

 16:30 終了

 ※Facebookイベントページはこちらです。

www.eco-online.org Blog Feed

ポレポレキャラバン アフリカトーク&ライブ すべてのいのちはたからもの (金, 07 9月 2018)
>> 続きを読む

「“精霊と生きるドゥルマ民族”体験報告会」を実施しました。 (日, 10 6月 2018)
>> 続きを読む

【イベント】6/9 “精霊と生きるドゥルマ民族”体験報告会 (金, 27 4月 2018)
>> 続きを読む

ケニア少数民族支援のファンディングを開始 国の発展の影で生活が追いやられるドゥルマ民族に井戸を掘るための資金を提供したい! (金, 27 4月 2018)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る