マザーアースダイバーシティ ~命あふれる土壌再生を目指して!~

私たちのウェルビーイングや暮らしの豊かさは土壌の生物多様性によって大きく影響を受けています。

土壌に生きる生き物たちがつくる生物多様な土壌は、私たちの暮らしに健康的な食料をもたらします。その他にも、水のろ過、炭素の隔離、汚染物質の分解、医薬品の供給など、私たちの暮らしに欠かせない貴重な役割を果たしています。

生物多様な土壌は、土壌微生物と藻類、菌類、苔、地衣類、植物の根、無脊椎動物などの多種多様な共生関係によって生み出されます。これらの生物は、エネルギーと栄養素の循環を確保し、植物の成長と土壌の生産性を促進し、地上に生息する生物を維持するのに役立っています。

土壌生物が植物が利用できるように栄養素の変換を促進したり、化学肥料への依存を減らすことで農業生産のコストを削減し、土壌を肥沃にし、農業生産や環境の持続可能性を高めることが知られています。

ペニシリン、癌の治療に使用されるブレオマイシン、真菌感染症に使用されるアンフォテリシンなど、多くの薬やワクチンも土壌生物たちによってもたらされました。土壌の生物多様性は、未知の病と戦うための新薬を提供する大きな可能性を秘めています。

土壌微生物は、温室効果ガスを生成する窒素と炭素の変換のすべてのステップに関与しています。これは、地球規模の気候変動に対処する上での土壌生物多様性の役割を過小評価できないことを意味します。それは、温室効果ガスの排出、または大気からの炭素の吸収と土壌への窒素の固定に寄与する可能性があります。

私たちが生きていくうえで必要不可欠な土壌の生物多様性ですが、これまではあまり顧みられることはありませんでした。第二次大戦後、食料の安定供給のため、化学肥料や農薬が多投され、土壌中の生命が失われた農地も増えていると言われます。私たちの暮らしを支える土が悲鳴をあげているのです。

国連食糧農業機関(FAO)も土壌の生物多様性の向上を世界に呼びかけ、SDGsを達成するうえでとても大切になる貧困や飢餓などの撲滅につながると力を入れています。

私たちエコロジーオンラインもその呼びかけに賛同し、土壌の生物多様性の向上を手がける全国の仲間とともに、「マザーアースダイバーシティ~生物多様な土づくり~」の活動を始めようと思います。

<参考資料>
The State of Knowledge of Soil Biodiversity(FAO)
<協力団体>
金澤BIO研究所

アドバイザー

金澤晋二郎(かなざわ しんじろう)

株式会社 金澤バイオ研究所 所長。元九州大学農学部教授。専門は土壌微生物、土壌生化学、環境微生物学、未利用有機物の資源化など。

2001年の九州大学で行われた「学内ゼロエミッションプロジェクト」で提供した超好熱細菌をもちいた「超高温・好気発酵法」による有機質肥料「土の薬膳」が好評だったことをきっかけに、退官2年前に株式会社 金澤バイオ研究所を設立し、土づくりに取り組む。

常時80度以上の高温で好気発酵を行う超好熱細菌を利用した「超好熱・好気発酵法」を開発し、大腸菌、害虫病原菌、寄生虫、雑草種子などを死滅させたクリーンで高品質な肥料「土の薬膳®」を開発する。その他、様々な企業や機関との共同研究やプロジェクトも手がける。

星名聖剛(ほしな せいごう)

社会福祉法人 秀峰会 みずほクリニック港北 院長

人間の健康には腸内環境が重要と言われるが、その腸内環境は200種類100兆以上ものたくさんの微生物(腸内フローラ)によってつくられている。同じように、たくさんの微生物がいるのが土の中だ。土壌1グラム中に数億以上も微生物が存在する。星名院長はこの腸内環境と土壌との共通点に着目する。「病気を治すにはまずは食から。では良い食物を取り入れるには、と考えると、野菜が育つ土づくりが重要」と語り、医療の立場から農や食の改善を訴える。

健康に生きるには、まず土づくりから! “聖ちゃん先生”大いに語る 

活動報告

«一つ前のページへ戻る