気候変動の被害者たち(16) 軽い温暖化でも昆虫に大きな影響が出ることが判明

研究対象となったミバエの一種 CC BY-NC-ND 2.0 / Dan Mullen
研究対象となったミバエの一種 CC BY-NC-ND 2.0 / Dan Mullen

イギリスのシェフィールド大学の研究者たちが地球温暖化と昆虫の繁殖についての論文を発表した。

彼らの研究によれば、たとえ軽い温暖化であっても、幼虫時代に温暖化を体験すると、その時に死ぬことはないまでも、成虫になってからの繁殖力が弱まることがわかった。

この研究の対象となったのはミバエだが、同様の影響が他の昆虫にも出ていることが推察されるという。

シェフィールド大学の研究チームは、スペインとスウェーデンのミバエを対象に、幼虫の頃から温暖化の環境をつくりだし、成虫になるまでを観測した。スペインとスウェーデンをくらべると、スウェーデンのミバエの方が繁殖力が弱くなることがわかった。南部の種よりも北部の種の方が温暖化に弱いことが明らかになった。

昆虫の場合、さなぎになったり、羽を持たなかったりする時期がある。そのため、気候が温暖化した際に自由に移動することができない。彼らの生態に温暖化の影響がどのように出てくるのか。まだまだ研究する余地が多いのが現状だ。

<参照リンク>
Insects feel the heat: scientists reveal rise in temperature affects ability to reproduce

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

北極・南極に続く第三の極「ヒンドゥークシュ」に忍び寄る危機 (木, 07 2月 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(21) 地球温暖化が貧しい人たちの命を脅かす理由とは? (Tue, 29 Jan 2019)
>> 続きを読む

キツネザルが絶滅の危機に!? マダガスカルを襲う気候変動  (Sun, 27 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(20) フランスの牡蠣が危ない (Sat, 05 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(19)サンタの危機! 温暖化でやせ細る北極のトナカイたち (Wed, 26 Dec 2018)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(18) 地球温暖化でアオウミガメの赤ちゃんの99%がメスに! (Tue, 09 Jan 2018)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(17) ヨーロッパの大都市を気候変動リスクが襲う (Mon, 06 Mar 2017)
>> 続きを読む

温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!? (Wed, 01 Feb 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(16) 軽い温暖化でも昆虫に大きな影響が出ることが判明 (Mon, 23 Jan 2017)
>> 続きを読む

ほ乳類初! 地球温暖化による絶滅をグレートバリアリーフで確認 (Fri, 12 Aug 2016)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る