大気中の二酸化炭素が数百万年ぶりに410ppmを超えた!

マウナロア観測所による二酸化炭素測定値。赤が実測値。黒が環境による変化を取り除いた値だ。確実に右肩上がりだ。
マウナロア観測所による二酸化炭素測定値。赤が実測値。黒が環境による変化を取り除いた値だ。確実に右肩上がりだ。

4月18日、ハワイ島のマウナロア観測所で観測された大気中の二酸化炭素濃度が410ppmを超えた。

マウナロア観測所は太平洋の中央という孤立した場所にあり、大気も十分に澄み、火山による変化に対応すれば安定した大気の観測が可能だ。そのため大気中の二酸化炭素濃度などの変化などを観測するという目的で開設されている。

 

マウナロア観測所が観測を開始したのは1958年。その時の濃度は315ppmだった。

その後、濃度は右肩上がりで上昇を続け、2013年には初めて400ppmを超え、2015年からは400ppmが常態化した。

数百万年という長い期間、地球の二酸化炭素濃度が410ppmを超えことはなかった。エルニーニョ現象などの影響もあると言われるが、右肩上がりに上昇してきたことからも、人間による温室効果ガスの排出が原因であるだろうと見られている。

大気中の二酸化炭素濃度の高まりは、そのまま地球温暖化や海水の酸性化に直結する。残念ながら、私たちが温暖化対策を怠れば、そのまま二酸化炭素の濃度にはねかえってくる。さらなる気象災害を増やさないためにも一層の努力が必要だ。

<参照リンク>
http://www.climatecentral.org/news/we-just-breached-the-410-parts-per-million-threshold-21372

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

気候変動で危険度を増す楽園ハワイのビーチ事情 (月, 19 8月 2019)
>> 続きを読む

8/7 佐野市中央公民館で講演会「地球温暖化を考える」を実施しました。 (Thu, 08 Aug 2019)
>> 続きを読む

セイロン瓜の苗が届きました。 (Mon, 13 May 2019)
>> 続きを読む

【チーム・マダガスカル】3/15〜3/25の予定でマダガスカルを訪問します。 (Sun, 10 Mar 2019)
>> 続きを読む

セイロン瓜のグリーンカーテンで 夏の酷暑を乗り切ろう! @sano (Sun, 10 Mar 2019)
>> 続きを読む

世界に広がる子どもたちの気候ストライキ イギリスでは数千人が参加!? (Mon, 11 Feb 2019)
>> 続きを読む

北極・南極に続く第三の極「ヒンドゥークシュ」に忍び寄る危機 (Thu, 07 Feb 2019)
>> 続きを読む

温暖化なのになぜアメリカは凍えるのか? (Thu, 31 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(21) 地球温暖化が貧しい人たちの命を脅かす理由とは? (Tue, 29 Jan 2019)
>> 続きを読む

キツネザルが絶滅の危機に!? マダガスカルを襲う気候変動  (Sun, 27 Jan 2019)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る