複合汚染が海洋生物を襲う! 化石燃料の燃焼で進む海の酸性化

火力発電は海水の酸性化をもたらす Guy Gorek / CC BY-NC-ND 2.0
火力発電は海水の酸性化をもたらす Guy Gorek / CC BY-NC-ND 2.0

化石燃料を大量に消費することによってもたらされる自然破壊は地球温暖化に止まらない。

たとえば、石炭を燃やすことは大気中に重金属を放出することにつながる。その重金属はマグロなど生態系の頂点にいるサカナの体内で濃縮される。それを食べた人間を汚染する形で私たちのもとに戻ってくる。

地球温暖化の原因となる二酸化炭素は大気中の濃度が増してくると海水にとりこまれる。その結果、海水の酸性化が起こる。

人間の生み出した様々な環境破壊は、すでに海洋生物の生命を脅かしている。海洋に流出したプラスチックゴミを飲み込むことから起こる呼吸器や消化器への悪影響に加え、地球温暖化はサンゴ礁を白化させ、冷たい海に生きる生命から居場所を奪っていく。

そこに追い打ちをかけるのが海水の酸性化だ。

産業革命以降、海洋のph値の平均は8.2から8.1に下がった。たかだ0.1と思うかもしれないが、酸性化の数値に直すと26%も進んだことになる。海洋が酸性化すると貝類や甲殻類などの成長に大きな影響が出てくる。その結果、バルト海やバレンツ海に生息する大西洋タラは今世紀末に現在の1/4のサイズになると推定される。

海洋の酸性化を8年にわたって研究してきたドイツの研究者ネットワークによれば、海洋の酸性化のスピードは速く、繁殖のサイクルが短い微生物以外の生命は追いついていけない。海洋の酸性化だけなら対応できても、プラスチックごみや地球温暖化などと複合化し、大きな衝撃となる。

化石燃料を大量に消費することは海洋を酸性化するだけに止まらない。生み出された大気汚染によって多くの人の命も失われている。人間がこの地球に生き続けていくためにも、自然エネルギーへの転換を急がねばならない。

<参照リンク>
Ocean acidification is deadly threat to marine life, finds eight-year study
海洋酸性化の脅威 被害総額は年100兆円超える!?
温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!?
石炭火力発電所をやめたらマグロの水銀汚染が19%も改善!

翻訳・文 / ライツフォーグリーン

www.eco-online.org Blog Feed

エコロジーオンラインもノミネート! 「低炭素杯2018」のファイナリストが大集合! (水, 06 12月 2017)
>> 続きを読む

マダガスカルでの里山エネルギー事業に「トヨタ環境助成プログラム」の助成が決定しました。 (月, 20 11月 2017)
>> 続きを読む

複合汚染が海洋生物を襲う! 化石燃料の燃焼で進む海の酸性化 (火, 24 10月 2017)
>> 続きを読む

世界が必要とする電力は大西洋を吹く風でまかなえる。 研究者が発表 (水, 11 10月 2017)
>> 続きを読む

気候変動で悪化する空の乱気流 飛行機嫌いが倍増か!? (木, 05 10月 2017)
>> 続きを読む

地球温暖化で賢くなった!? 自ら水を大切にし始めた植物たち (火, 01 8月 2017)
>> 続きを読む

【Biophilia】スマートカーは「美しい地球」を守れるか (木, 13 7月 2017)
>> 続きを読む

9年後、地球の気温上昇は1.5℃を超える!? (木, 11 5月 2017)
>> 続きを読む

大気中の二酸化炭素が数百万年ぶりに410ppmを超えた! (月, 08 5月 2017)
>> 続きを読む

グリーン経済のメッカに! 米アイオワ州最大の電力会社の再エネ100%チャレンジ! (月, 01 5月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る