· 

河川からのプラスチック流入を防ぐ秘密兵器現る!その名は『インターセプター』

10月26日、オランダのロッテルダムで25歳の若き起業家ボイヤン・スラットの新たなるチャレンジの発表があった。

ボイヤン・スラットと言えば、高校時代に海洋プラスチック問題を解決するためにNGOをつくった若き活動家。

グレタ・トゥーンベリにも負けない経歴を持つ彼が明らかにしたのは河川からのプラスチック流入を阻止する新兵器「インターセプター」だ。

彼が立ち上げたNGOオーシャンクリーンアップの調査によれば、世界中の100,000の河川のうち、その1%にあたる1,000の河川から約8割のプラスチックごみが海洋に流出する。

彼らは2025年の終わりまでにこの1,000の河川にインターセプターを導入するというのだ。

2015年から開発が始まったインターセプターは、ソーラーパネルで発電した電気を貯めたリチウムイオンで24時間運転を続ける。1日に50,000キロのごみを回収する能力を持ち、最適化された環境では100,000キロのごみの回収が可能だ。

すでにジャカルタ、マレーシアに導入され、次はベトナムでの導入が決まっている。

海洋でのプラスチックごみの回収にも取り組むボイヤン・スラットCEOはこのプロジェクトを次のように紹介する。

「海洋からプラスチックをとりのぞくには、すでに流出したごみの処理と、そこへの新たなる流入を防がないといけない。私たちの海洋での回収の技術とこのインターセプターをつなげれば、二つの問題を一気に解決することにつながるはずだ」

解決困難だと思われた問題を技術によって解決する若者たち。未来はいくらでも変えられる。

<参照リンク>
THE OCEAN CLEANUP UNVEILS PLAN TO ADDRESS THE MAIN SOURCE OF OCEAN PLASTIC POLLUTION: RIVERS

翻訳・文 / エコロジーオンライン編集部

インターセプターの稼働状況

ジャカルタに設置された「インターセプター」1号機

マレーシアに設置された「インターセプター」2号機

www.eco-online.org Blog Feed

SDGsはいかに政治を変えたのか?科学的エビデンスから考える。 (火, 21 6月 2022)
>> 続きを読む

イオン環境財団が「イオン生物多様性みどり賞」の公募を開始 (Mon, 20 Jun 2022)
>> 続きを読む

「飛駒のSDGsを考える会」がたちあがりました。 (Tue, 14 Jun 2022)
>> 続きを読む

【里山SDGs】企業・団体向け研修事業がスタート! (Tue, 14 Jun 2022)
>> 続きを読む

宇都宮短期大学付属高校でSDGsワークショップを実施 (Sat, 11 Jun 2022)
>> 続きを読む

【三宅島探訪記】地球の“今”を伝えるザトウクジラの歌を聴く③ (Tue, 24 May 2022)
>> 続きを読む

横浜で開催された映画イベント「くじらの鼻水大作戦⁉️」に参加してきました。 (Mon, 16 May 2022)
>> 続きを読む

【コンテンツフォーケア】女子美術大学との協働授業(2022)がスタート (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

【三宅島探訪記】地球の“今”を伝えるザトウクジラの歌を聴く② (Thu, 12 May 2022)
>> 続きを読む

【EOLグッズ】クジラグッズを追加しました! (Tue, 10 May 2022)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る