· 

パナマ運河に忍び寄る気候危機 降雨の減少で航行する船が大幅減少

パナマ運河 Photo by Victor / CC BY-NC-ND 2.0 DEED
パナマ運河 Photo by Victor / CC BY-NC-ND 2.0 DEED

ガザ紛争によって不安定化したスエズ運河を回避し、喜望峰を経由する大型船が増えている。その結果、商品の到着が遅延し、コストにも影響が出ることが懸念されている。


ここにきてスエズ運河と並んで2大運河と言われるパナマ運河の運行についても心配する声が上がっている。どういうことか?


大西洋と太平洋をつなぐパナマ運河が完成したのは1914年。南アメリカの南端を回る危険なルートを回避し、13,000kmの航路短縮を可能にした。


パナマ運河の運行を支えるのは人工湖レイクガトゥンからもたらされた大量の水資源だ。この水によって船が海抜26mにまで持ち上げられ、運河を越えていく。一隻の船が通るたびに2億トンの水が使われ、海へと流されていく。

レイクガトゥンはもう一つ大きな役割を担っている。パナマ国民430万人の主要な水がめであり、半数を越える人たちがこの水に依存して暮らしている。この湖に豊かな水がたたえられていることが、パナマ運河にとっても、パナマ国民にとっても何よりも重要なことなのだ。


パナマは世界を代表する多雨地域であり、これまでは大量の水資源に恵まれてきた。それが変わったのが2023年、エルニーニョ現象によって降る雨が減少し、レイクガトゥンの水位が減り続けた。現在の水位は雨季の最低に近づいており、日量30億トンの水が不足していると言われる。


通常パナマ運河を通る船は36隻。それが現在は22隻に制限され、2月までには18隻になるだろうと言われている。パナマ運河の出入り口にあたるエリアには航行を待つ船があふれ、ニアミスも起きるような危険な状態になっている。


エルニーニョ現象によって雨が減少するのはこれまで20年に一度程度だった。だが、この26年の間に3度の減少を記録。降雨のパターンが変わってきたことが懸念されている。


パナマ運河は水という自然資源を有効活用して人間の暮らしを豊かにしてきた。だが、その豊かな暮らしを続けてきたがゆえに、大切な水資源の不安定化を余儀なくされている。


止まらない気候危機がこれから何をもたらすのか。その被害からは誰も逃げることはできない。


<参照リンク>

Changing climate casts a shadow over the future of the Panama Canal – and global trade


翻訳・文 / エコロジーオンライン編集部

www.eco-online.org Blog Feed

【EOL+AI】チリのフンボルトペンギン、個体数激減で絶滅の可能性 (金, 14 6月 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】フロリダから姿を消したフラミンゴ、100年以上の時を経て帰還 (Wed, 12 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】大統領選挙で初の女性候補が選出。メキシコはどう変わる? (Fri, 07 Jun 2024)
>> 続きを読む

大西洋の海洋循環は崩壊に向かうのか。新しい研究でわかったやばい現状 (Tue, 13 Feb 2024)
>> 続きを読む

国連が望む米国の肉食文化の変容 持続可能な未来のために補助金の見直しを (Tue, 06 Feb 2024)
>> 続きを読む

熱帯の変温動物の絶滅が迫っている! 気候変動が爬虫類、両生類、魚類、昆虫に与える影響 (Tue, 30 Jan 2024)
>> 続きを読む

失われる地球の肺 アマゾンの熱帯林を形成する固有種の8割に絶滅の危機が!? (Thu, 25 Jan 2024)
>> 続きを読む

解決困難な海洋プラスチック汚染 未来の科学者はこの時代を「プラスチセン」と呼ぶ! (Wed, 24 Jan 2024)
>> 続きを読む

北極発パンデミックが地球を襲う!? 気候変動で極北の永久凍土に眠るゾンビウイルスが覚醒する。 (Mon, 22 Jan 2024)
>> 続きを読む

気候変動による気温上昇でアフリカのサイの絶滅が近づいている!? (Fri, 19 Jan 2024)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る