· 

大西洋の海洋循環は崩壊に向かうのか。新しい研究でわかったやばい現状

北大西洋に真水を供給するグリーンランドの氷河 Photo by Sebastian We / CC BY-NC 2.0 DEED
北大西洋に真水を供給するグリーンランドの氷河 Photo by Sebastian We / CC BY-NC 2.0 DEED

海外の環境ニュースやSNSを見ていると、AMOC(大西洋南北熱円循環)に関する不安を誘う投稿が圧倒的に多い。

 

2004年に米国で製作された「デイ・アフター・トゥモロー」が、このAMOCをテーマに氷河期に襲われる北米やヨーロッパを描いて話題になった。

 

当時は環境省のお偉いさんでも「何で温暖化なのに氷河期が来るの?」と首をかしげる映画だったのだが、その後、世界各地の研究者たちによって研究が進み、すでに私たちの地球が映画で起きたようなことを体験する可能性があることが明確になってきた。

 

AMOCは熱帯地域の温かい海水を北へと運び、蒸発を繰り返しながら塩分濃度を上げ、北大西洋で比重が重くなり、沈み込んで熱帯に戻るという水の循環を繰り返している。

 

ところが地球温暖化によってグリーンランドの氷河や北極の氷床が溶け出し、真水によって塩分濃度を薄めてしまうため、海水が沈み込まなくなり、AMOCや止まったり、スローになったりする現象が起きると囁かれている。

 

AMOCの存在によって温暖な北米とヨーロッパが保持されているが、この機能に異常が生ずると100年で気温が30℃低下し、海水面は1メートル上昇する可能性があるという。ここまでの急激な変化にはどんな適応策も現実には対応できない。

 

今回の研究はオランダのスーパーコンピュータを活用して行われた。AMOCに淡水の量を少しずつ増やしていくとモデル内のAMOCは弱まり、突然、崩壊した。こうしたモデルでAMOCの崩壊が確認されたのは今回が初めてだという。

 

2025年にAMOC崩壊の可能性があるとする研究も出されている。今年は産業革命後の気温上昇が1.5℃を超える年になる。酷暑の夏になってもグリーンランドの氷河の行方にもしっかりと気を配る必要がありそうだ。


<参照リンク>

Extreme Climate Impacts From Collapse of a Key Atlantic Ocean Current Could be Worse Than Expected, a New Study Warns
Atlantic current shutdown is a real danger, suggests simulation


翻訳・文 / エコロジーオンライン編集部

www.eco-online.org Blog Feed

【EOL+AI】気候変動でホッキョクグマが10年以内に絶滅の危機に?! (月, 17 6月 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】チリのフンボルトペンギン、個体数激減で絶滅の可能性 (Fri, 14 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】フロリダから姿を消したフラミンゴ、100年以上の時を経て帰還 (Wed, 12 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】大統領選挙で初の女性候補が選出。メキシコはどう変わる? (Fri, 07 Jun 2024)
>> 続きを読む

大西洋の海洋循環は崩壊に向かうのか。新しい研究でわかったやばい現状 (Tue, 13 Feb 2024)
>> 続きを読む

国連が望む米国の肉食文化の変容 持続可能な未来のために補助金の見直しを (Tue, 06 Feb 2024)
>> 続きを読む

熱帯の変温動物の絶滅が迫っている! 気候変動が爬虫類、両生類、魚類、昆虫に与える影響 (Tue, 30 Jan 2024)
>> 続きを読む

失われる地球の肺 アマゾンの熱帯林を形成する固有種の8割に絶滅の危機が!? (Thu, 25 Jan 2024)
>> 続きを読む

解決困難な海洋プラスチック汚染 未来の科学者はこの時代を「プラスチセン」と呼ぶ! (Wed, 24 Jan 2024)
>> 続きを読む

北極発パンデミックが地球を襲う!? 気候変動で極北の永久凍土に眠るゾンビウイルスが覚醒する。 (Mon, 22 Jan 2024)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る