· 

国連が望む米国の肉食文化の変容 持続可能な未来のために補助金の見直しを

気候危機を防止するためにも肉食に持続可能なあり方を! Photo by Rich Renomeron CC BY-NC-ND 2.0 DEED
気候危機を防止するためにも肉食に持続可能なあり方を! Photo by Rich Renomeron CC BY-NC-ND 2.0 DEED

昨年末、ドバイで開催された国連気候変動会議で(COP28)で国連食糧農業機関(FAO)が米国などの国に対して、地球温暖化対策として肉の消費を減らすことを求めた。

 

米国畜産業からの温室効果ガス(メタンや亜酸化窒素)の排出量は、運輸部門全体からの排出量を上回っている。メタンは二酸化炭素にくらべ約25倍の温室効果があると言われ、畜産業を変化させることができれば大きな効果を得ることができる。

 

だが、米国農業の基本である農業法にはこうした配慮がまったくなされていない。この法律のもと集約型の農業に補助金が注ぎ込まれ、家畜の餌となる大豆やトウモロコシなどの生産が推奨され、中西部の穀倉地帯の9割が家畜の餌やバイオ燃料をつくるための畑に変わってしまった。

 

こうした補助金によって潤うのは膨大な量の土地と水を必要とする畜産アグリビジネスだ。その結果、森林破壊、生物多様性・動物たちの生息地の喪失、抗生物質による大地や水の汚染が起こっている。

 

アメリカが変われば世界は変わる。

持続可能な社会をつくるために立ち上がる米国議員が増えることを望みたい。


<参照ウェブ>

The United Nations wants the US to eat less meat — try telling that to Congress 


翻訳・文 / エコロジーオンライン編集部

www.eco-online.org Blog Feed

【EOL+AI】チリのフンボルトペンギン、個体数激減で絶滅の可能性 (金, 14 6月 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】フロリダから姿を消したフラミンゴ、100年以上の時を経て帰還 (Wed, 12 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】大統領選挙で初の女性候補が選出。メキシコはどう変わる? (Fri, 07 Jun 2024)
>> 続きを読む

大西洋の海洋循環は崩壊に向かうのか。新しい研究でわかったやばい現状 (Tue, 13 Feb 2024)
>> 続きを読む

国連が望む米国の肉食文化の変容 持続可能な未来のために補助金の見直しを (Tue, 06 Feb 2024)
>> 続きを読む

熱帯の変温動物の絶滅が迫っている! 気候変動が爬虫類、両生類、魚類、昆虫に与える影響 (Tue, 30 Jan 2024)
>> 続きを読む

失われる地球の肺 アマゾンの熱帯林を形成する固有種の8割に絶滅の危機が!? (Thu, 25 Jan 2024)
>> 続きを読む

解決困難な海洋プラスチック汚染 未来の科学者はこの時代を「プラスチセン」と呼ぶ! (Wed, 24 Jan 2024)
>> 続きを読む

北極発パンデミックが地球を襲う!? 気候変動で極北の永久凍土に眠るゾンビウイルスが覚醒する。 (Mon, 22 Jan 2024)
>> 続きを読む

気候変動による気温上昇でアフリカのサイの絶滅が近づいている!? (Fri, 19 Jan 2024)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る