· 

【EOL+AI】大統領選挙で初の女性候補が選出。メキシコはどう変わる?

※画像生成AIを使用しています。
※画像生成AIを使用しています。

メキシコで6月2日に行われた大統領選挙の開票でトップ当選を果たした女性候補者クラウディア・シェインバウム氏が話題になっている。

 

現在のメキシコ大統領アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールを擁する与党からトップ当選した彼女は、メキシコ市長だった頃から市内の公共バスの電動化や、卸売市場の屋根に巨大なソーラーパネルを設置したりと気候科学者ならではの視点から政策を打ち出していた。

 

彼女が大統領候補に選出されてからバイデン大統領他、国内外から多くの賛辞が寄せられた。

「200年ものあいだ男性が統治してきたあとに、女性に大統領職を引き渡すことにどれだけの意味があるか想像してみてほしい」とは現在のメキシコ大統領ロペス・オブラドール氏の弁。

 

エネルギー工学の博士号を持っている彼女は国連の報告書も作成し、世界に向けて化石燃料を使うことへの警告を発してきた。そのため、彼女が大統領になることでメキシコが化石燃料への依存を脱し、クリーンエネルギーへの道を歩みだすのではないかと期待する声も多い。

 

しかし、それにはハードルがある。メキシコは世界第11位の石油産出国であり、国内最大の企業は現在多大な負債を抱えている国営石油企業PEMEXだ。それゆえクリーンエネルギー化はPEMEXの負債を余計に増やし自らの首を絞めかねない行為なのだ。そのため彼女は多大な負債を抱えているPEMEXを完全に国家管理下に置き、石油生産量を維持しながらクリーンエネルギーに不可欠なリチウムを生産すると述べている。

 

史上初の女性大統領という華々しい登場の影でシェインバウム氏は化石燃料かクリーンエネルギーか非常に難しい選択を迫られることになるかもしれない。

 

彼女の大統領就任は10月1日になる予定。

 

※この記事は一部AIを使用しています。

 


<参照リンク>

Claudia Sheinbaum projected to be Mexico's first woman president

Can Mexico's Sheinbaum, a climate scientist, shake Lopez Obrador's oil legacy?

A Climate Scientist Is Voted President of an Oil Country. Now What?

 


翻訳・文 / エコロジーオンライン編集部(一部AIを使用)

www.eco-online.org Blog Feed

【EOL+AI】気候変動でホッキョクグマが10年以内に絶滅の危機に?! (月, 17 6月 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】チリのフンボルトペンギン、個体数激減で絶滅の可能性 (Fri, 14 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】フロリダから姿を消したフラミンゴ、100年以上の時を経て帰還 (Wed, 12 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】大統領選挙で初の女性候補が選出。メキシコはどう変わる? (Fri, 07 Jun 2024)
>> 続きを読む

大西洋の海洋循環は崩壊に向かうのか。新しい研究でわかったやばい現状 (Tue, 13 Feb 2024)
>> 続きを読む

国連が望む米国の肉食文化の変容 持続可能な未来のために補助金の見直しを (Tue, 06 Feb 2024)
>> 続きを読む

熱帯の変温動物の絶滅が迫っている! 気候変動が爬虫類、両生類、魚類、昆虫に与える影響 (Tue, 30 Jan 2024)
>> 続きを読む

失われる地球の肺 アマゾンの熱帯林を形成する固有種の8割に絶滅の危機が!? (Thu, 25 Jan 2024)
>> 続きを読む

解決困難な海洋プラスチック汚染 未来の科学者はこの時代を「プラスチセン」と呼ぶ! (Wed, 24 Jan 2024)
>> 続きを読む

北極発パンデミックが地球を襲う!? 気候変動で極北の永久凍土に眠るゾンビウイルスが覚醒する。 (Mon, 22 Jan 2024)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る