ブログカテゴリ:森にいいこと


エコニュース · 17日 1月 2019
エア・ウォーター&エネルギア・パワー小名浜(福島県いわき市)は1月11日、同市内で木質バイオマス発電所の建設工事に着工。 愛知県でソーラーパネルの下で稲を育てるソーラーシェアリングが始まりました。 スイスの気候政策が国内の若者から批判を浴びているようです。
エコニュース · 16日 1月 2019
中国電力と共同出資のエア・ウォーターが国内最大級のバイオマス専焼発電所の建設を開始した。 いわき市で水素を利活用した循環型社会の構築に向けた取り組みが本格化する。 サイエンスホーム(浜松市)は、1000万円台でかなえる「ひのきづくしの家」(国産ヒノキ材をふんだんに使用し、暮らしに合わせて選んで建てられるセミオーダー型住宅)など、真壁づくりの住宅商品によるパートナーシップのWINWINモデルを展開する。
エコニュース · 15日 1月 2019
千葉商科大学が太陽光発電の下でブドウを栽培。3年目にワインをつくることを目標としている。 九電玄海2号機廃炉へ。 間伐材ストローが16日から東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急で試験導入される。
エコニュース · 11日 1月 2019
低エネルギーの光を高エネルギーの光に変換するフィルムが開発されました。 将来的にはソーラーパネル表面に貼って発電の効率化を目指す模様です。 聖蹟桜ヶ丘駅前の街路樹に再生可能エネルギーで7年ぶりにイルミネーションが点灯。
エコニュース · 09日 1月 2019
少しでも好感度を上げるため間伐材をノベルティーに使うことが今注目を集めています。 台湾の企業と日本の企業が協力して断線したソーラーパネルをケイ素の繊維にリサイクルする事業が始まりました。
エコニュース · 08日 1月 2019
ドイツの電源構成において再生可能エネルギーの割合が40%を上回りました。 体温で発電するスマートウオッチが予約開始した模様です。
エコニュース · 05日 1月 2019
年明け早々、「日本、トルコ原発撤退へ」というニュースが入ってきました。安全対策費の高騰などから採算性が悪化したためだと言われています。 また一方、イスラエルは2030年までに石炭による発電からの撤退を発表しています。 Israel to stop electricity production from coal by 2030 2019年は、世界の国々が「脱石炭」「脱原発」に舵を切る潮目の年になりそうですね。
エコニュース · 31日 12月 2018
2018年最後のエコニュースまとめです。 気候変動の被害が誰の目にも明らかとなり、地球温暖化も緩和だけでなく、適応の時代に入りました。 洪水の後に発生するアメリカ蚊のように気候変動は私たちの暮らしに思わぬ災厄をもたらします。 せめて何が起きても良いような「適応」の準備をしておきたいものですね。 さて、本日のニュースは以下です。
エコニュース · 27日 12月 2018
塩で電力を貯める新しい方法が試されているそうです。 余った電力を無駄にしない社会が来るといいですね。 本日のニュースは以下です。
エコニュース · 24日 12月 2018
2016年に気候変動問題に関するドキュメンタリー映画「Before the Flood」を制作し、自ら主演したレオナルド・ディカプリオ。 1998年に立ち上げた財団を通して110億円超を環境保護活動に寄付してきたことがわかりました。 まさにレオ様はグリーンなサンタなのでした。

さらに表示する

«一つ前のページへ戻る