ブログカテゴリ:森にいいこと


エコニュース · 22日 3月 2019
ソフトバンクグループで再生可能エネルギー事業などを手掛けるSBエナジー(東京都港区)は、三重県志摩市にメガソーラー(大規模太陽光発電所)「ソフトバンク三重志摩阿児ソーラーパーク」を建設し、3月19日から営業運転を開始しました。 日本の電力事業者は、ロシア極東の間伐材や木くずなどを固めた木質ペレットをロシアから輸入し、バイオマス発電に利用することでロシア側と覚書を交わし、日ロ政府が平和条約交渉を進める中、ロシア極東での新たな経済協力につながるか期待されます。
エコニュース · 21日 3月 2019
英国の環境当局は19日、気候変動や人口の急速な増加といった影響により、英国が今後25年で深刻な水不足に陥り、「死の淵」にまで追いやられる可能性があると指摘しました。環境当局の責任者、ジェームズ・ビーバン氏はロンドンで開催された水の利用などに関する会議に出席し、もし英国が水の使用量を引き下げないと、必要とされる清潔な水を十分に提供できなくなる可能性があると述べました。 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(東京都港区 会長:末吉竹二郎以下、WWFジャパン)は、2007年から開催されている世界各地を消灯のリレーで繋ぐソーシャルグッドプロジェクト「EARTH HOUR(アースアワー)」のイベント『EARTH HOUR 2019@ TOKYO SKYTREE TOWN®』を東京スカイツリータウン®4階 スカイアリーナにて開催します。
エコニュース · 20日 3月 2019
千葉商科大学は、直近1年間(2018年2月度~2019年1月度)の電気の自然エネルギー率※が101.0%となり、2018年度の環境目標としていた「大学所有のメガソーラー野田発電所等の発電量と千葉商科大学の消費電力量を同量にする」ことを達成しました。千葉商科大学では、キャンパスで使用するエネルギー量に相当する電力を自然エネルギーにより自ら発電する“自然エネルギー100%大学”として、日本国内の大学で初の試みに取り組んでいます。 キーコーヒーが環境変化に強いコーヒー豆の生産に挑んでいます。背景にあるのがコーヒー業界の「2050年問題」です。世界的な気候変動や降雨の影響で、50年までにコーヒー豆の生産地が半減するとの予測があります。ネスレやUCCホールディングス(HD)も環境変化や害虫に強いコーヒー豆の品種改良に力を入れ、問題の克服に向けて各社が知恵を絞っています。
エコニュース · 15日 3月 2019
海といえば、誰もが群青色やコバルトブルーに輝く「青色」を想像するもの。しかし、そんな海の色も変わるかもしれないと科学者が論文を発表したのです。その理由は地球規模で進む気候変動。いったい、将来の海は何色になってしまうのでしょうか? 大阪ガスは、西信森林資源(三重県松阪市)、日本製紙木材(東京都千代田区)との3社合弁で、バイオマス発電所向けに国産木質バイオマスの調達および販売を行う事業会社「グリーンパワーフュエル(GPF)」(大阪市)を設立しました。設立日は2019年3月7日で、株主構成は大阪ガス55%、西信森林自然35%、日本製紙木材10%となっています。
エコニュース · 13日 3月 2019
のん「Non温暖化!省エネ家電推進大使」をつとめる女優ののんが、3月9日に日本科学未来館で開かれた「Non温暖化!こども壁新聞コンクール」の表彰式に出席。気象予報士の藤森涼子が「2100年の天気予報」を披露するなどのイベントも行われ、会場に集まった親子連れ約100人が笑顔で、地球温暖化について学びました。 スウェーデンの女子学生グレタ・トゥンベリさんが始めた、気候変動への対策を求める「気候のための学生ストライキ」が世界的な広がりを見せています。15日には、40を超える国で学生が学校を休んでこの運動に参加するもようです。
エコニュース · 12日 3月 2019
小泉純一郎元首相が10日、新潟市での講演で11日に発生8年となる東日本大震災に触れ、電源の自然エネルギーへの転換で「原発ゼロ」は実現できるとの持論を展開し、「めげずに立ち上がり、ここから頑張らないといけない」と呼び掛けました。 壁新聞づくりを通じて小学生に地球温暖化について考えてもらおうと環境省が実施している「Non温暖化!こども壁新聞コンクール」の表彰式が3月9日、東京・日本科学未来館で開かれ、「Non温暖化!省エネ家電推進大使」を務める女優・のんがステージから省エネの大切さをPRしました。
エコニュース · 08日 3月 2019
韓国エネルギー企業の日本市場への進出が勢いを増しています。格安価格の競争力をベースに中国太陽光エネルギー企業が日本進出に速度を上げる中、韓国太陽光エネルギー企業が市場シェアで日本企業を抜いた事例も登場しました。LS産電は日本から受注した3カ所目のメガソーラー(大規模太陽光)発電所を竣工したと6日、明らかにしました。石川県鹿島郡に建設された太陽光発電所は規模だけ30万平方メートルになる事業費は460億ウォン(約45億5800万円)です。同発電所は5000世帯が使用できる電気を20年かけて地域の電力会社に販売する予定です。LS産電の日本国内メガソーラー発電所竣工が持つ意味は3カ所目という数字にあります。 英エディンバラ大学が、波の力を複雑なシステムなしで安価に電力に変える装置を開発しました。この装置を使うと、数千の家庭に低コストで電気を供給できるといいます。
エコニュース · 27日 2月 2019
地球の3分の2は雲で覆われているが、地球の気温が上昇するにつれ雲は減少し、表面温度がさらに8℃上昇するという温暖化が加速する悪循環に陥る恐れがあることが最新の研究で明らかになりました。 ネイチャー・ ジオサイエンス(Nature Geoscience )に掲載された論文によると、スーパーコンピューターのシミュレーションで、温室効果ガスにより海上の雲は消失し、今後100年の間に地球温暖化が急激に加速する原因となることが分かりました。具体的には、大気中の二酸化炭素の濃度が約1200ppmに達すると、そのリスクが強まり、現在の濃度は約410ppmですが、今後100年の間に1200ppmまで達する可能性があります。 高校生による燃料電池自動車の開発を活発にしようと、静岡県東部を中心とした工業高校が連携に力を入れています。教員の知識や技術を向上させることで、生徒への教育充実に還元させる狙いがあるといいます。
エコニュース · 22日 2月 2019
キシル(静岡県浜松市)は、FSC森林認証材の国産ヒノキを使った木ダボ「ヒノキダボ」を発売しました。 従来、木ダボには硬木の広葉樹が使われてきましたが、FSC認証材となると入手が難しく高価なため、認証材を使用した木ダボは流通してきませんでした。  そこで、国内に豊富にある針葉樹を使った木ダボを静岡県工業技術研究所と共同研究。ヒノキの木ダボを使った製品試験において、従来の木ダボと同等の強度があることが証明されたため、同社が製造・販売を決めたといいます。 英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルと米アルファベット傘下のマカニが、一定の出力で発電を行う風力発電所プロジェクトの開発に着手します。この発電所には、恒常的に風が吹いている高さの空中に留まることができる空飛ぶ風力発電機が備えられることになると科学ニュースサイト「ScieNews.com」が伝えています。
エコニュース · 20日 2月 2019
8年前Googleは、ニューヨークからバージニアにかけての大西洋に、風力発電システムを建設することを明らかにしました。この巨大な水上プロジェクトの進捗は芳しくないようですが、今度は台湾で水上設置型のソーラー発電システムを建設。アジアの再生可能エネルギー市場に参入することとなりました。 丸太を燃やして発電する全国でも珍しい木質バイオマス発電所が、三重県大紀たいき町滝原の公園跡地に建設されます。県内のベンチャー企業が手がけ、夏頃に着工し、来春にも「滝原丸太発電所」として稼働させる計画です。チップ用より高値で丸太を買い取る予定で、地元関係者は低迷する林業の活性化を期待しています。 

さらに表示する

«一つ前のページへ戻る