途上国だってへっちゃら。 ソーラーパワーで動く3Dプリンターをつくろう!

3Dプリンターが身近に感じるようになりました。 CC-by-sa by J.M.Pearce
3Dプリンターが身近に感じるようになりました。 CC-by-sa by J.M.Pearce

日本のような先進国の住民には当たり前であっても、発展途上国では当たり前ではないものは多い。先進国の常識で支援をしても、お金が入っている間はプロジェクトは動くが、そのあとは無用の長物となる支援も多い。非常用の電源として支援された発電機は燃料切れで動かず、風力発電機を寄付しても部品が壊れると交換さえままならない。

 

無駄な支援をしないために最近では「適正技術」という考え方が進んでいる。途上国にあるもの&できることを想定した技術の形。自転車の部品でつくれる風車や、現地で売られる鍋を活用したソーラークッカー、廃棄されるバイオマスのゴミを燃料にするロケットストーブ・・・。エコロジーオンラインでも最近、適正技術を応用した支援に関わることが多くなった。

では、3Dプリンターはどうだろう?部品がなければその場でつくってしまえばいい。しかし、電気がない地域ではどうだ?やはり、無用の長物じゃないか。いや、大丈夫!ソーラーパワーで動かせばどこでもできる!そんな3Dプリンターが登場した!

 

この3Dプリンターをつくったのはミシガン工科大学の研究者たち。その技術はオープンソースで公開され、誰でもつくることができる。資料によればわずか1,000ドル程度の予算でつくることができ、太陽が出ていなくてもバッテリーで7時間は動く設計になっている。

社会をよくする技術が開発され、オープンソースで公開され、多くの人の手によって改良が加えられていく。それを動かすのが自然のエネルギー。僕らの前に新しい世界が広がっていそうだ。

<参照リンク>
Latest Developments in Solar Powered 3D Printing Released by Michigan Tech

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

 

www.eco-online.org Blog Feed

グリーン経済のメッカに! 米アイオワ州最大の電力会社の再エネ100%チャレンジ! (月, 01 5月 2017)
>> 続きを読む

脱炭素社会の実現に向けて、具体的なアプローチを提言 (水, 19 4月 2017)
>> 続きを読む

シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言! (月, 17 4月 2017)
>> 続きを読む

<体験レポート>草刈りの苦労を軽減する営農型発電を地域活力に繋げたい! (火, 11 4月 2017)
>> 続きを読む

【自然エネルギーで世界をつなごう!】森林破壊が進むマダガスカル 里山エネルギースクール開設へ! (水, 05 4月 2017)
>> 続きを読む

【事務局体験レポート】 芝浦工業大学でバイオマス・ソーラーハイブリッド電源車を体験 (火, 07 3月 2017)
>> 続きを読む

世界銀行によるクリーンエネルギー通信簿 トップはデンマーク、さて日本は? (月, 27 2月 2017)
>> 続きを読む

2016年、ヨーロッパで開発された電気は9割が自然エネルギーに! (水, 22 2月 2017)
>> 続きを読む

自然エネルギーは美しく進化する! ハチドリのような風車が誕生 (水, 15 2月 2017)
>> 続きを読む

2020年、太陽光発電と電気自動車によって化石燃料はピークを迎える! (金, 10 2月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る