シカゴ市が再生可能エネルギー100%を宣言!

再生可能エネルギー推進を牽引するシカゴ Kevin Dooley / CC BY 2.0
再生可能エネルギー推進を牽引するシカゴ Kevin Dooley / CC BY 2.0

「トランプ政権がクリーンエネルギー経済をつくることに後ろ向きなら、シカゴが倍返しでやってやろうじゃないか!」

そう勇ましく語るのはシカゴ市長のラーム・エマニュエル氏。2025年までに市が運営する施設の電力をすべて再生可能エネルギーにすると宣言した。

市役所、公立学校、市立大学、公園などの施設が使う電力は、シカゴ全体の消費電力の8%を占める。その電力をグリーン電力証書、太陽光発電の設置、電力会社からの購入で100%風力と太陽光に置き換える。

シカゴ市の積極さの背景には同市が積み上げてきた気候変動対策の成果がある。

2011年から温室効果ガスの削減を本格化させ、2015年には2010年比で7%の削減を達成している。火力発電所にすると8カ月分の排出を減らすことになった。だが、その間もシカゴの成長は維持され、人口は25,000人増え、12%の経済成長を遂げた。同時期のアメリカ全体の数字を見てみると2009年から2014年の間で1%の排出増だった。

トランプ政権の誕生で先行きが見えづらく再生可能エネルギーだが、シカゴなどの取り組みを中心に全米で新しい波が広がっていきそうだ。

<参照リンク>
Mayor Emanuel Announces City Buildings to be Powered by 100 Percent Renewable Energy by 2025

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

海の温暖化が止まらない。南極の氷は溶け、2018年は過去最高を記録 (金, 18 1月 2019)
>> 続きを読む

地球温暖化は毎秒一個の原爆を海で爆発させることに匹敵! (Wed, 09 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(20) フランスの牡蠣が危ない (Sat, 05 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(19)サンタの危機! 温暖化でやせ細る北極のトナカイたち (Wed, 26 Dec 2018)
>> 続きを読む

市民の正常性バイアスをどう打ち破るか 気候被害対策市民会議2018が終了 (Tue, 09 Oct 2018)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(18) 地球温暖化でアオウミガメの赤ちゃんの99%がメスに! (Tue, 09 Jan 2018)
>> 続きを読む

エコロジーオンラインもノミネート! 「低炭素杯2018」のファイナリストが大集合! (Wed, 06 Dec 2017)
>> 続きを読む

マダガスカルでの里山エネルギー事業に「トヨタ環境助成プログラム」の助成が決定しました。 (Mon, 20 Nov 2017)
>> 続きを読む

複合汚染が海洋生物を襲う! 化石燃料の燃焼で進む海の酸性化 (Tue, 24 Oct 2017)
>> 続きを読む

世界が必要とする電力は大西洋を吹く風でまかなえる。 研究者が発表 (Wed, 11 Oct 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る