2016年

8月

14日

気候変動で水が危ない! 世界で感染症が増殖

リオ五輪でも懸念された海洋汚染(写真はリオのビーチ)  carla arena CC BY-NC 2.0
リオ五輪でも懸念された海洋汚染(写真はリオのビーチ) carla arena CC BY-NC 2.0

地球の気温があがることで、汚染された水による食品汚染が進むことが、メリーランド大学のリタ・コールウェルさんらの研究で明らかになった。

海産物を生で食べたり、汚染された水を飲んだり、泳いだりすることで、コレラ菌や腸炎ビブリオなど、12ほどあるビブリオ属菌に感染することが多くなる。その結果、コレラが蔓延することも起こりうる。

1990年代まではアメリカ合衆国で確認されたビブリオ属菌による感染は平均で390件ほどだった。最近ではそれが1030件ほどにはねあがっているという。

ビブリオ属菌が繁殖するには温かい水が必要なため、アラスカでの発症例はなかった。だが、ビブリオ属菌で汚染されたカキを食べて病気を発症した事例も出てきた。

これまで気候変動とビブリオ属菌の関係性を探る研究はされてこなかった。だが、今回の研究によってその関係が明らかになったという。

海産物の生食の文化を持つ私たち日本人は特にシビアに考えておくべき情報だろう。

<参照リンク>
Study Links Global Warming to Rise in Waterborne Illnesses

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

温暖化の影響で近海魚に水銀汚染が進む!? (水, 01 2月 2017)
>> 続きを読む

東京都を超える面積が山火事で消失 チリが史上最高気温を記録! (火, 31 1月 2017)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 2017年は温暖化防止ビジネスが活性化!? (月, 30 1月 2017)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(16) 軽い温暖化でも昆虫に大きな影響が出ることが判明 (月, 23 1月 2017)
>> 続きを読む

<速報>世界の平均気温が3年連続で史上最高を記録! NOAAが発表 (木, 19 1月 2017)
>> 続きを読む

トランプ旋風なんのその。気候変動、クリーンエネルギー満載のダボス会議が開幕 (月, 16 1月 2017)
>> 続きを読む

大統領が変わってもクリーンエネルギーの勢いは止まらない! オバマ氏が論文を発表 (水, 11 1月 2017)
>> 続きを読む

気候変動はかつてない脅威を世界にもたらす! 世界の軍事関係者が警告 (火, 06 12月 2016)
>> 続きを読む

小さな奇跡の見つけ方 トランプ政権の誕生と地球の未来 (月, 28 11月 2016)
>> 続きを読む

石炭火力発電所をやめたらマグロの水銀汚染が19%も改善! (月, 28 11月 2016)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る