2050年までに気温は2度上昇する! 気候学者が警告

パリ協定でも止まらない気候変動。異常気象を止める手立てはあるのか。(写真はソマリアの干ばつ)Oxfam East Africa CC BY 2.0
パリ協定でも止まらない気候変動。異常気象を止める手立てはあるのか。(写真はソマリアの干ばつ)Oxfam East Africa CC BY 2.0

「いや、困りました。世界の国々が本当に気温上昇を2℃未満に抑えようと思ったら、パリ協定のために目標として掲げた現在の取り組みを2倍3倍に引き上げる努力をしなければいけません」

そう嘆くのはIPCC(気候変動に関する政府間パネル)前議長のロバート・ワトソン博士。ロイター通信とのインタビューで地球温暖化の厳しい現状について語った。

 

昨年12月に誕生したパリ協定。成立当時は地球温暖化防止のために約200の国々が参加して決めたかつてない枠組みだと高評価だった。だが、ここに来てその実効性が危ぶまれている。

産業革命以前とくらべ、気温の上昇が2℃を超えると様々なリスクが増大する。パリ協定では長期的な目標として2℃未満を掲げ、1.5℃という野心的な目標も提案した。ところが、ワトソン博士を中心とする研究者たちがパリ協定で約束する各国の削減目標をベースに試算をすると、2030年代初頭には1.5℃を突破。2050年を待たずして2℃の上昇を達成してしまうという。

今年になって世界の平均気温はかつてない上昇を示している。日本でも東北北部に台風が上陸したり、北海道にシビアな台風被害が及ぶなどの異常気象が続く。

気候変動の被害をこれ以上ひどくしないためにも、我が国も速やかにパリ協定を批准し、削減目標の上積みに取り組みむ体制を整えるべきだ。

<参照リンク>
Global warming to breach 2C limit by 2050 unless tougher action - study

翻訳・文 / ソーシャルエコロジー研究所

www.eco-online.org Blog Feed

エコロジーオンラインもノミネート! 「低炭素杯2018」のファイナリストが大集合! (水, 06 12月 2017)
>> 続きを読む

マダガスカルでの里山エネルギー事業に「トヨタ環境助成プログラム」の助成が決定しました。 (月, 20 11月 2017)
>> 続きを読む

複合汚染が海洋生物を襲う! 化石燃料の燃焼で進む海の酸性化 (火, 24 10月 2017)
>> 続きを読む

世界が必要とする電力は大西洋を吹く風でまかなえる。 研究者が発表 (水, 11 10月 2017)
>> 続きを読む

気候変動で悪化する空の乱気流 飛行機嫌いが倍増か!? (木, 05 10月 2017)
>> 続きを読む

地球温暖化で賢くなった!? 自ら水を大切にし始めた植物たち (火, 01 8月 2017)
>> 続きを読む

【Biophilia】スマートカーは「美しい地球」を守れるか (木, 13 7月 2017)
>> 続きを読む

9年後、地球の気温上昇は1.5℃を超える!? (木, 11 5月 2017)
>> 続きを読む

大気中の二酸化炭素が数百万年ぶりに410ppmを超えた! (月, 08 5月 2017)
>> 続きを読む

グリーン経済のメッカに! 米アイオワ州最大の電力会社の再エネ100%チャレンジ! (月, 01 5月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る