#01 エコロジーソングス <The Beach Boys / Little Pad>

The Beach Boys / Smiley Smile (1967)
The Beach Boys / Smiley Smile (1967)

「ビーチボーイズと聞いて、何を思い浮かべますか」と聞かれたとき、

Surfin' USAでしょ」

と答える人はもう少数派になってしまった。

 

 

それほどペットサウンズでのブライアンの偉業が知れ渡ったということだ。だが、

「Little Padでしょ」

と答える人はもっと少ないだろう。

 

神々しいポップスを作っていた頃の作品とは違い、厭世時代のブライアンの作品は取っつきにくい音楽に、虚無的でプライベートな歌詞を持つものが多い。

この曲のメロディーは、美しい欠片の寄せ集めで出来てはいるが、その肝心の歌詞を要約すると

 

"ハワイに小さなおうちが欲しい"

 

と、これだけ。拡大路線まっしぐらな60年代のアメリカでこんな慎ましい望みを主張するブライアンの尋常ではない精神状態もさることながら、なおかつ、住居は小さくという省エネルギー志向も見逃せない。

 

文 / 上岡 ケン

www.eco-online.org Blog Feed

#08 エコロジーソングス <George Harrison / All Things Must Pass> (土, 26 8月 2017)
>> 続きを読む

#07 エコロジーソングス <西岡たかし / 砂漠> (土, 26 8月 2017)
>> 続きを読む

#06 エコロジーソングス <Marvin Gaye / Mercy Mercy Me (The Ecology)> (土, 26 8月 2017)
>> 続きを読む

#05 エコロジーソングス <The Beach Boys / Don't Go Near the Water> (土, 26 8月 2017)
>> 続きを読む

<アースタロット>歌のチカラ (日, 30 7月 2017)
>> 続きを読む

#04 エコロジーソングス <久保田麻琴 / 時は近ずいて> (木, 20 7月 2017)
>> 続きを読む

<アースタロット>星はなんでも知っている (木, 29 6月 2017)
>> 続きを読む

#03 エコロジーソングス <DEVO / Planet Earth> (金, 23 6月 2017)
>> 続きを読む

#02 エコロジーソングス <Paul McCartney / Junk> (水, 14 6月 2017)
>> 続きを読む

#01 エコロジーソングス <The Beach Boys / Little Pad> (木, 08 6月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る