· 

昆虫の大量絶滅が話題! フランスではハチの大量死の原因となる殺虫剤を使用禁止に

Final Repose by William Grootonk  / CC BY-SA 2.0
Final Repose by William Grootonk / CC BY-SA 2.0

Business Insider Japanが19日、「我々は「6度目の大量絶滅」の過程にいる? 昆虫の減少が表す危険なサイン」とする記事を配信している。

昆虫の減少につながる原因として農薬の使用があげられているが、それに関連する情報でフランスがネオニコチノイド系殺虫剤5種類を使用禁止にするという記事をテレグラフ紙に見つけた。

ニュースを伝えたテレグラフ紙によれば、EUでは一昨年12月、クロチアニジン、イミダクロプリド、チアミトキサムの3種類の使用を禁止。フランスはさらに厳しく、チアクロプリド、アセタミプリドを加えたネオニコチノイド系殺虫剤5種類を屋外、屋内の区別なく禁止することにしたという。

ネオニコチノイドは害虫の中枢神経系を攻撃する殺虫剤だが、花粉を媒介するハチの精子数に減少をもたらし、記憶や帰巣本能をかく乱させることがわかってきた。

だが、こうした動きに反発する農家もいる。自分たちだけがネオニコチノイド系殺虫剤を使えないとなると、国際的な競争力が失われるというのだ。また、これらの殺虫剤を禁止しても、他の農薬に置き換わるだけだと主張する農家もいる。

日本に関していうと、ネオニコチノイド系殺虫剤は禁止されておらず、「特別栽培」ブランドの農作物など、農薬の量を減らすためにネオニコチノイドなどのより強い殺虫剤が使われていると専門家は指摘する。

国連は昨年、ハチや蝶などの花粉を媒介する無脊椎動物の4割が絶滅の危惧にあることを発表した。

「沈黙の春」の到来を防ぐためにも、農薬の使用方法を考え直す時期に来ている。

<参照リンク>
France becomes first country in Europe to ban all five pesticides killing bees 

翻訳・文 / エコロジーオンライン編集部

www.eco-online.org Blog Feed

<ATENOTEインタビュー>僕ら人間も、もともと植物だった / ACIDMAN 大木伸夫さんインタビュー (火, 20 2月 2024)
>> 続きを読む

大西洋の海洋循環は崩壊に向かうのか。新しい研究でわかったやばい現状 (Tue, 13 Feb 2024)
>> 続きを読む

国連が望む米国の肉食文化の変容 持続可能な未来のために補助金の見直しを (Tue, 06 Feb 2024)
>> 続きを読む

<リリース>「音楽と認知症全国ネットワーク」があなたの大切な人との「音楽物語」を集めています。 (Thu, 01 Feb 2024)
>> 続きを読む

熱帯の変温動物の絶滅が迫っている! 気候変動が爬虫類、両生類、魚類、昆虫に与える影響 (Tue, 30 Jan 2024)
>> 続きを読む

自分たちの歩みとつながる大切な本「断熱が日本を救う」 吉田登志幸 (Mon, 29 Jan 2024)
>> 続きを読む

失われる地球の肺 アマゾンの熱帯林を形成する固有種の8割に絶滅の危機が!? (Thu, 25 Jan 2024)
>> 続きを読む

解決困難な海洋プラスチック汚染 未来の科学者はこの時代を「プラスチセン」と呼ぶ! (Wed, 24 Jan 2024)
>> 続きを読む

北極発パンデミックが地球を襲う!? 気候変動で極北の永久凍土に眠るゾンビウイルスが覚醒する。 (Mon, 22 Jan 2024)
>> 続きを読む

白井貴子 Flower Power 2024 & SDGs イベント (Mon, 22 Jan 2024)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る