· 

マダガスカルでの里山エネルギー事業に「トヨタ環境助成プログラム」の助成が決定しました。

エコロジーオンラインが提案した「マダガスカルの森を守り、子どもたちに笑顔を!里山エネルギースクールプロジェクト」が、トヨタ自動車(株)が手がける「トヨタ環境活動助成プログラム」の助成対象として選ばれました。

2000年の開始以来、18年間で累計360件、世界53の国と地域での助成を手がけた実績を持つ同プログラムに評価されたことは当法人にとって誠に誇らしいことです。

国内の取り組みが中心だったエコロジーオンラインが、海外事業に転じるきっかけは東日本大震災での体験でした。

当たり前のようにエネルギーを消費する私たちも、東日本大震災のような天災に遭遇し、インフラが途絶されることによって、エネルギーを手にすることが難しくなります。その結果、エネルギーインフラが整わない途上国と同じような暮らしを余儀なくされます。被災地の支援のために私たちが活用した自然エネルギーの知恵が、そのまま途上国で活用できるのではないだろうか、そう考えたところから里山エネルギープロジェクトはスタートしました。

すでにエコロジーオンラインのグループ企業である里山エネルギー(株)が、JICAからの委託を終えてマダガスカルでの調査事業を終了。現地での持続可能な事業化に向けた検証を終えました。

マダガスカル国 ハイブリッド型ロケットクッキングストーブとエコ燃料の製造販売事業基礎調査

エネルギーインフラが整わないマダガスカルでは、貧困地域に住む人々が森林の木材を伐採し、日々の調理の燃料として活用しています。そのために森林破壊が進み、国の8割を覆っていた森林が8%まで減少したと言われます。森林破壊によって大地が露出した山では、ラバカという山崩れが頻発し、その下に住む人々の生活を危うくします。そうした状況を少しでも改善すべく、モミガラ、オガコ、牛糞などの廃棄物から燃料をつくり出すノウハウを提供し、里山エネルギースクールとしてマダガスカルの持続可能な発展を支える子どもたちの育成を支援します。

まだまだ小さな取り組みですが、この助成をきっかけに里山を中心に培われてきた日本の循環型のエネルギー技術が、アフリカなどの途上国の持続的な発展と伴走するような取り組みとして成長することを目指します。

皆様からの引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

<参照リンク>
「トヨタ環境活動助成プログラム」 2017年度の助成対象を決定
途上国に里山エネルギーを!

文 / エコロジーオンライン事務局

www.eco-online.org Blog Feed

平成29年度「新エネ大賞」表彰式に参加してきました! (月, 19 2月 2018)
>> 続きを読む

平成29年度新エネ大賞「新エネルギー財団会長賞 (普及啓発活動部門)」を受賞しました! (木, 25 1月 2018)
>> 続きを読む

【リリース】マダガスカルでの挑戦! 環境の保全と教育で子どもたちに笑顔を! クラウドファンディングを実施します。 (月, 11 12月 2017)
>> 続きを読む

【11/25】よつ葉生協 ふれあいまつりにソーラーパワートラックが登場します! (水, 22 11月 2017)
>> 続きを読む

マダガスカルでの里山エネルギー事業に「トヨタ環境助成プログラム」の助成が決定しました。 (月, 20 11月 2017)
>> 続きを読む

「創作あーちすと」のんが女子美祭でソーラーライブを敢行! (水, 01 11月 2017)
>> 続きを読む

【11/3】「浜松町グリーンサウンドフェスタ -浜祭-」のステージに活用されます! (火, 31 10月 2017)
>> 続きを読む

【10/29】女子美祭にソーラーパワートラックが登場します! (木, 26 10月 2017)
>> 続きを読む

さのクールアースデイ2017でソーラーパワートラック大活躍!ご当地アイドルステージをグリーンに! (月, 17 7月 2017)
>> 続きを読む

【RADIO SAKAMOTO】ソーラーパワートラックが「WORLD HAPPINESS 2017」のサブステージに! (火, 11 7月 2017)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る