· 

温暖化なのになぜアメリカは凍えるのか?

極渦の乱れを表すNASAの画像
極渦の乱れを表すNASAの画像

アメリカ中西部が大寒波に襲われている。

1月31日はアラスカ南部よりもシカゴの方が寒くなるだろうと言われ、この寒波によって9000万の人々が-18℃の気温を体験する。しかもこの寒さが6週間から8週間も続くというのだ。

地球は温暖化しているのに何でこんなことが起こるのか?

その秘密を解く鍵は北極の上空にできる極渦(大規模な気流の渦)の乱れにあるという。

極渦(polar vortex)通常、地表の約16キロ上空にあり、一つの中心のまわりを強力な風がまわり、北極圏に冷気を閉じ込め、暖気を侵入させない壁として機能する。

その極渦が今年はいくつかに分裂。その一部がアメリカの中西部を覆い、厳しい寒さと冬の嵐をもたらすことになった。

この極渦の乱れに大きな影響を与えるのが地球温暖化だ。地球温暖化は極域と赤道域に大きな影響を与えると言われるが、北極圏は通常の2倍のスピードで温暖化が進んでいる。

北極に氷があると鏡のように太陽の光を反射することができるのだが、地球温暖化で夏の気温が高くなり、氷が無くなると太陽の熱を海水が吸収してしまう。そのおかげで北極海にホットスポットができあがる。気候変動によって大きな影響を受けるジェット気流と、このホットスポットの存在によって、極渦の乱れが生じていると研究者は考えている。

このまま温暖化が進めば、極渦は毎年のように分裂し、北極以外の地域に厳しい寒さをもたらすことになる。

温暖化が進むと冬の寒さが厳しくなる。

こうした矛盾するような現象が起きるのが、気候変動の理解を阻む大きな要因の一つでもあるのだ。

<参照リンク>
A Closer Look at the Polar Vortex’s Dangerously Cold Winds
Brace for the Polar Vortex; It May Be Visiting More Often

翻訳・文 / エコロジーオンライン編集部

www.eco-online.org Blog Feed

【チーム・マダガスカル】3/15〜3/25の予定でマダガスカルを訪問します。 (日, 10 3月 2019)
>> 続きを読む

セイロン瓜のグリーンカーテンで 夏の酷暑を乗り切ろう! @sano (Sun, 10 Mar 2019)
>> 続きを読む

世界に広がる子どもたちの気候ストライキ イギリスでは数千人が参加!? (Mon, 11 Feb 2019)
>> 続きを読む

北極・南極に続く第三の極「ヒンドゥークシュ」に忍び寄る危機 (Thu, 07 Feb 2019)
>> 続きを読む

温暖化なのになぜアメリカは凍えるのか? (Thu, 31 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(21) 地球温暖化が貧しい人たちの命を脅かす理由とは? (Tue, 29 Jan 2019)
>> 続きを読む

キツネザルが絶滅の危機に!? マダガスカルを襲う気候変動  (Sun, 27 Jan 2019)
>> 続きを読む

海の温暖化が止まらない。南極の氷は溶け、2018年は過去最高を記録 (Fri, 18 Jan 2019)
>> 続きを読む

地球温暖化は毎秒一個の原爆を海で爆発させることに匹敵! (Wed, 09 Jan 2019)
>> 続きを読む

気候変動の被害者たち(20) フランスの牡蠣が危ない (Sat, 05 Jan 2019)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る