· 

失われる地球の肺 アマゾンの熱帯林を形成する固有種の8割に絶滅の危機が!?

アマゾン川から見渡したもやに包まれる熱帯林 Photo by Ivan Wong Rodenas / CC BY-NC 2.0 DEED
アマゾン川から見渡したもやに包まれる熱帯林 Photo by Ivan Wong Rodenas / CC BY-NC 2.0 DEED

気候危機が叫ばれるなか、私たちの意識は二酸化炭素にばかり向かいがち。植物が光合成をして生み出す酸素がなければ私たちは生きていけません。

 

その酸素の約6割が世界の熱帯林によって生み出されています。南米を代表する熱帯林のアマゾンはその1/3以上を占めているため「地球の肺」と呼ばれます。熱帯林が存在しなければ私たちは息をすることにも苦労することになります。

 

そのアマゾンに危機が迫っています。一つの原因は昨年秋から続いてきた気候変動による干ばつです。アマゾン川の本流支流を含めて120年ぶりの渇水を体験してきました。雨が少ないために熱帯林の木も土も水分を保つことができません。そのために熱帯林の干ばつがより厳しいものになり、環境破壊に対しても弱くなり、森林火災などがおきやすくなっています。

 

最近発表された研究によればブラジルの熱帯林の固有種2000種以上の82%が絶滅の危機にあることがわかりました。外来種も含めた場合、4950種の65%に絶滅のおそれがあります。

 

この研究は、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの基準に沿って、初めてブラジルの熱帯林の健康度合いを評価したもの。とても厳しい状況にあるのがわかってきます。

 

地球温暖化の加速や人為的な開発によって、「地球の肺」であるアマゾンは徐々に消失しています。負のスパイラル加速させないために私たちに何ができるのか。世界の人々の叡智を集めて取り組む必要がありそうです。


<参照リンク>

More than 80% of tree species endemic to the Atlantic Rainforest are threatened with extinction, finds study


翻訳・文 / エコロジーオンライン

www.eco-online.org Blog Feed

【EOL+AI】気候変動でホッキョクグマが10年以内に絶滅の危機に?! (月, 17 6月 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】チリのフンボルトペンギン、個体数激減で絶滅の可能性 (Fri, 14 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】フロリダから姿を消したフラミンゴ、100年以上の時を経て帰還 (Wed, 12 Jun 2024)
>> 続きを読む

【EOL+AI】大統領選挙で初の女性候補が選出。メキシコはどう変わる? (Fri, 07 Jun 2024)
>> 続きを読む

大西洋の海洋循環は崩壊に向かうのか。新しい研究でわかったやばい現状 (Tue, 13 Feb 2024)
>> 続きを読む

国連が望む米国の肉食文化の変容 持続可能な未来のために補助金の見直しを (Tue, 06 Feb 2024)
>> 続きを読む

熱帯の変温動物の絶滅が迫っている! 気候変動が爬虫類、両生類、魚類、昆虫に与える影響 (Tue, 30 Jan 2024)
>> 続きを読む

失われる地球の肺 アマゾンの熱帯林を形成する固有種の8割に絶滅の危機が!? (Thu, 25 Jan 2024)
>> 続きを読む

解決困難な海洋プラスチック汚染 未来の科学者はこの時代を「プラスチセン」と呼ぶ! (Wed, 24 Jan 2024)
>> 続きを読む

北極発パンデミックが地球を襲う!? 気候変動で極北の永久凍土に眠るゾンビウイルスが覚醒する。 (Mon, 22 Jan 2024)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る