· 

自然エネルギーは途上国や女性にやさしい! 2018年は1,100万人の雇用に貢献

NAIT / CC BY-NC-ND 2.0
NAIT / CC BY-NC-ND 2.0

今夏、グリーンランドの氷床が溶け出しているというニュースが届いた。7月は通常の年の3倍の量が融けたのだという。
本日のエコニュースまとめ(2019/8/6)

グリーンランドの氷床の融解は地球を後戻りできない状態に追い込みかねない。こうした危険な事象を防ぐべく、地球温暖化による平均気温の上昇を産業革命前から1.5℃未満にする高い目標を世界は掲げて走っている。

そのために重要になるのが自然エネルギー社会の実現だ。

石炭や石油などの化石燃料から自然エネルギーに転換することは、地球温暖化防止効果に止まらない価値がある。自然エネルギーを導入することが地域に雇用を生み出すことにつながるのだ。

毎年、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が「再生可能エネルギーと雇用」というレポートを出している。6月に出された最新版のデータによれば2018年、世界の再生可能エネルギー産業で働いている人の総数が1,100万人となった。前年にくらべると70万人の雇用を増やしている。

エネルギーの種類別に見てみると、太陽光が360万人、バイオ燃料が210万人、水力発電が210万人、風力発電が120万人と続く。新しい産業であるため、女性比率も高い。石炭石油産業では22%であったのに対し、32%と高まった。

自然エネルギー産業は非電化地域での雇用も伸ばしている。オフグリッドの太陽光が、インフラのない地域でエネルギーへのアクセスを可能にし、地域経済を活性化する結果になっているのだ。すでに南アジア、アフリカを中心に37万人の雇用を生み出した。

太陽や風、水の流れ、有機廃棄物などを中心とする自然エネルギーはどの地域にも存在する。そのエネルギーを開発する事業が増えるとインフラのない地域や女性たちに雇用が生み出せることがわかってきたのだ。

*詳しくは、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の「再生可能エネルギーと雇用」をお読みください。

翻訳・文 / 上岡 裕

www.eco-online.org Blog Feed

神は風のごとく、すべてのものに触れる~ ~映画「風をつかまえた少年」レポート ~ (火, 24 9月 2019)
>> 続きを読む

米チャタヌーガに100%ソーラーの空港が誕生! (Thu, 15 Aug 2019)
>> 続きを読む

自然エネルギーは途上国や女性にやさしい! 2018年は1,100万人の雇用に貢献 (Wed, 07 Aug 2019)
>> 続きを読む

エネルギー生産のメッカ テキサスで風力が石炭火力を追い越す! (Tue, 30 Jul 2019)
>> 続きを読む

«一つ前のページへ戻る