コンテンツフォーケア

コンテンツフォーケア · 06日 11月 2018
10月27日、東京の信濃町で行われた日本演劇情動療法協会による演劇情動療法講習会に参加しました。 初めに「認知症を正しく理解する。演劇情動療法の可能性」と題して東北大学医学部老年科臨床教授 藤井昌彦先生から認知症の現状のお話があり、その後俳優でもあり日本演劇情動療法協会理事長の前田有作さんからは、実際に医療介護として演劇を使った現場でのお話がありました。
コンテンツフォーケア · 31日 10月 2018
音楽を活用した認知症予防を提案するコンテンツフォーケア。その活動で連携するドラマー長野祐亮さんの新しい著作が11/30にリットーミュージックから出版されます。 タイトルは「脳もリズム感も活性化!手拍子リズムトレーニング」。 先日、エコロジーオンラインが参加した富士河口湖町のシニアドライバー研修でも長野さんが考案した「手拍子リズムトレーニング」のワークショップ実践。 参加したシニアの皆さまから、自分たちも「手拍子リズムトレーニング」を手がけたい、と声がかかるなど、充実したワークショップにすることができました。
コンテンツフォーケア · 25日 10月 2018
10月24日、富士山の麓、富士河口湖町役場でシニアドライバーセミナーが行われました。 当日は秋晴れの青空が広がる爽やかな日となり、30名ほどのお元気なシニアドライバーにお集まりいただきました。 なんと最高齢は末広がりの88歳! 凛々しくそびえたつ富士の姿とともに縁起のよいセミナーとなりました。
コンテンツフォーケア · 22日 10月 2018
10月21日、佐野商工会議所のまちなか楽市にて、「ゴスペルミューズ」の初ライブを披露しました。 就労支援センター「風の丘」とエコロジーオンラインが協働で行なっている、高齢者に懐かしい音楽を聴いてもらう「カフェミューズ」から始まった「ゴスペルミューズ」。 利用者、スタッフ、お客様、ボランティアなど、歌いたい人が集まって何となく練習し始め、2ヶ月後にこんな発表の場がくると誰が予想したでしょうか…。
コンテンツフォーケア · 21日 10月 2018
医療系ウェブマガジンを発行する「地域医療ジャーナル」が運営する、これからの医療について考え+行動するためのオンラインコミュニティ「地域医療編集室」では、2019年1月20日(日)に映画上映・意見交換会イベント「パーソナルソング 医療・介護をつなぐ音楽」を、神保町ブックセンター(東京都千代田区)にて開催します。エコロジーオンラインも運営に協力。理事長の上岡裕が当法人の取り組みについて話題提供します。
コンテンツフォーケア · 14日 10月 2018
アメリカで始まった音楽による認知症ケアの取り組み「Music & Memory」。 その人にふさわしい楽曲(パーソナルソング)を聴くことによって、過去の記憶がよみがえり、楽しさや喜びを取り戻す、といった事例が報告されています。 この取り組みを紹介したドキュメンタリー映画上映と意見交換会を開催いたします。
コンテンツフォーケア · 04日 10月 2018
10月3日、佐野市にあるサービス付き高齢者向け住宅「悠楓園」をコンテンツフォーケアの活動で訪問。 高齢者の皆さまからリクエストをもらい、好きだった楽曲をお聞かせする「出張DJカフェ♪ミューズ」を実施しました。
コンテンツフォーケア · 21日 5月 2018
5月17日、今年で3回目を迎えるエコロジーオンラインと女子美術大学との社会やさしいキャラクターワークショップが始まりました。 チャウス自然体験学校、林野庁のレクリエーションの森、長野県飯山の里山体験、そしてグループ企業であるライツフォーグリーン「コンテンツフォーケア」のイメージキャラクターを生徒さんたちに製作していただくため、クライアント4団体から、それぞれプレゼンがありました。
コンテンツフォーケア · 03日 5月 2018
5月2日、佐野市浅沼町にある就労支援センター「風の丘」のカフェスペースにご高齢者が気軽に立ち寄って頂けるカフェがオープンしました。 これはエコロジーオンラインと(有)ライツフォーグリーンが「風の丘」と協働で作ったカフェです。 このカフェでは、お家で長い時間を過ごしている高齢者が、懐かしい音楽を聴きながらご自宅にいるように自由にお茶を飲み、お菓子を食べながら、人と触れ、そして語り合い、読書やボードゲームなどで1人にならない時間をご提供します。
コンテンツフォーケア · 26日 1月 2018
エコロジーオンラインが始めた「コンテンツフォーケア」の最初の企画として家庭や施設などの介護の場で活用できるCDをリリースすることにいたしました。 みなさまの介護の体験のなかで、当事者の方たちと一緒に歌ったり、思い出に残った曲をお寄せください。 みなさまの声をもとにCDの選曲を進めていきたいと思っております。 みなさまの声をお待ちしています。

«一つ前のページへ戻る